アウディ 新型Q5のスパイショット

Audiの新車情報PHEV, SUV

Audi Q5 3rd Gen Spyshot Front

アウディが「新型Q5」を開発中です。
3代目となるミッドサイズSUVは、ICE(内燃機関)搭載のQ5としては最後のモデルになります。

今回は新型Q5のスパイショットと、最新情報をご覧ください。

Related Posts

新型Q5(3代目)の最新情報

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

スパイショット

Audi Q5 3rd Gen Spyshot Front
アウディ 新型Q5のプロトタイプ

Audi Q5 3rd Gen Spyshot Front side
現行型である2代目と比較すると、ノーズが高くなり、グリルもより直立している。

Audi Q5 2017 front
参考画像として2017年モデルのフロント周り。

Audi Q5 3rd Gen Spyshot Rear side
全体的なプロポーションは現行型と変わらないが、ボディサイズは拡大される見込みだ。

Audi Q5 3rd Gen Spyshot Rear
テールライトは明らかに暫定仕様。マフラーがむき出しだが、市販バージョンでは隠されると思う。

目次に戻る

シャシー

フォルクスワーゲングループの新しいプラットフォーム「SSP」が採用されると見られています。
SSPは現行のMLBを置き換えるために開発されたものです。
よってPPEを採用するQ5 e-tronとは、プラットフォームからして別物となります。

足回りなどは新型A4と共有され、ボディサイズは現行型(全長4,663mm*全幅1,893mm*全高1,659mm)よりも大きくなります。
そのため室内はさらに広くなるでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

パワートレインに関しても新型A4と共有されるため、ガソリン車やディーゼル車が幅広くラインナップされるはずです。それらにはマイルドハイブリッドが組み合わされることになるでしょう。
プラグインハイブリッドももちろん用意されます。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。
なお、現行型Q5は694~788万円で販売されています。

発売日に関しては諸説あるのですが、アウディはディーゼルエンジンを2026年まで生産するとアナウンスしているため、新型Q5を早めにリリースしないとディーゼル車の販売ができなくなってしまいます。
なので2023年中には発表されることになるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath