日産 サクラ 軽自動車のEVはゲームチェンジャーとなるか

ニッサンの新車情報EV, 軽自動車

Nissan Sakura EV

日産軽EVの「サクラ」を発表しました。
軽自動車のEVという点が話題ですが、内装の質感も高く、補助金を利用すれば約178万円から購入できるという安さも魅力的です。

今回は日産サクラの概要をご覧ください。

Related Posts

日産サクラの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Nissan Sakura EV Front corner
日産 サクラ

Nissan Sakura EV Front
VモーショングリルはDRLとなって健在。ヘッドライトは非常にスリムな形状だ。

Nissan Sakura EV Grill
EVらしくグリルは閉鎖されている。

Nissan Sakura EV Side
ルーフラインやウエストラインはデイズに似ているが、ドアパネルのキャラクターラインは異なっている。

Nissan Sakura EV Rear corner
エッジの効いたデザインが未来的な印象のリア周り。

Nissan Sakura EV Rear
床下にバッテリー等があるはずだが、テールゲート開口部下端は比較的低い位置にある。

Nissan Sakura EV Taillight
テールライトは日産の最新デザイン言語が反映されている。

ラゲッジスペース容量は、5名乗車時で107リッターとなっています。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 1,655
ホイールベース(mm) 2,495
車重(kg) 1,070~1,080

車重はデイズよりも240kgほど重くなっています。EVの宿命ですね。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Nissan Sakura EV Interior
日産サクラのインテリア

Nissan Sakura EV Steering wheel
革巻きというわけではなさそうだが、かっこいいステアリングだ。メーターも大きくて見やすそう。

Nissan Sakura EV Console
セレクターレバーは小ぶりなもの。エアコン操作はタッチパネル式のようだ。

Nissan Sakura EV Cup holder
カップホルダーにはサクラの花びらがあしらわれている。

Nissan Sakura EV Cup holder driver side
運転席側のカップホルダー。手の触れる部分にソフトパッドを使用している。

Nissan Sakura EV Door trim
ドア周りも質感が高い。

Nissan Sakura EV Container
この小物入れは、おそらくセンターコンソールの最下段にあるやつ。

目次に戻る

シャシー

最小回転半径はわずか4.8mであるため、取り回しに優れています。

目次に戻る

パワートレイン

Nissan Sakura EV Batteries

モーターの最高出力は64ps、最大トルクは195Nmです。
この数値がICEを搭載した軽自動車ならば、車体が軽量なので十分なパワー・トルクと言えますが、車重1トンを超えるサクラだと非力に感じる場面があるかもしれません。

バッテリー容量は20kWhとかなり少ないので、航続距離はWLTP基準で180kmと短めです。とはいえ通勤や通学の送り迎え、買い物等に使うならば十分な航続距離といえるでしょう。
充電時間は普通充電だとフルチャージまで8時間かかりますが、急速充電を用いれば40分で全容量の80%までチャージできます。

目次に戻る

価格・発売日

価格は「X」が2,399,100円、最上級グレードの「G」が2,940,300円となっています。
「X」にはプロパイロットやアダプティブLEDヘッドライトが装備されていません。なお、プロパイロットパーキングに関しては、どちらのグレードでもオプションとなっています。
ちなみにプレスリリースには「S」という廉価グレードの価格が2,333,100円と記述されていますが、公式サイトには「S」の情報がまだありません。この「S」に補助金55万円を使うと、約178万円から購入できるということらしいです。

日産はサクラの予約注文を既に受け付けています。発売は2022年夏の予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath