フェラーリが新型レーシングカー「296 GT3」を発表

Ferrariの新車情報レーシングカー

Ferrari 296 GT3

フェラーリが新型レーシングカー「296 GT3」を発表しました。ロードカーの296 GTBと同様に、3.0リッターのV6を搭載しています。
今回は296 GT3の概要をご覧ください。

Related Posts

フェラーリ 296 GT3の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Ferrari 296 GT3 Front corner
フェラーリ 296 GT3

Ferrari 296 GT3 Front top
フェンダー上のルーバーが目を引く。

Ferrari 296 GT3 Front
ノーズには耐久レース用の補助灯を追加することもできるようだ。

Ferrari 296 GT3 Headlight
光っている部分の下はインテークになっている。

Ferrari 296 GT3 Side
ロードカー比で60mmロングホイールベース化され、ダウンフォースが増した。

Ferrari 296 GT3 Rear top
リアウイングはスワンネックステーで保持されている。

Ferrari 296 GT3 Engine hood
エンジンフードは独特な形状をしている。

Ferrari 296 GT3 Rear
リア周りはスカスカ。巨大なディフューザーがよく効きそうだ。

エアロダイナミクスが改善されたことで、ダウンフォース量は488 GT3比で20%も増加しています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Ferrari 296 GT3 Interior
296 GT3のインテリア

Ferrari 296 GT3 Cockpit
色分けされていて使いやすそうなスイッチ類が並ぶ。もちろんエアコンも完備されている。

Ferrari 296 GT3 Seat
シートベルトだけでなく、シートもSabelt製で、シャシーに直接取り付けられている。

目次に戻る

シャシー

Ferrari 296 GT3 Chassis

シャシーはロールケージ一体型のアルミ製で、ロードカー比でホイールベースが60mm延長されています。車体のねじり剛性は488 GT3比で10%向上しているそうです。
サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン式。完全に新設計されたもので、専用のジオメトリーを備えています。
ブレーキはフロントが400Φのディスクに6ピストンキャリパーの組み合わせ、リアは332Φのディスクに4ピストンキャリパーの組み合わせです。
車両の乾燥重量は1,250kgとなっています。

Ferrari 296 GT3 Parts

目次に戻る

パワートレイン

Ferrari 296 GT3 Engine

エンジンは3.0リッター・V型6気筒ガソリンツインターボです。
バンク角は120°で、Vバンクの内側にターボチャージャーが収められています。
なお、GT3のレギュレーションに基づき、電気モーター等は搭載されていません。

最高出力は600ps @ 7,250rpm、最大トルクは710Nm @ 5,500rpmですが、性能均衡のために定められるBOP(バランス・オブ・パフォーマンス)によって、出力は制限されます。

トランスミッションはXTrac制の6速シーケンシャルで、電子式のシングルクラッチです。ギアボックスは「空力と重量配分を改善するために横方向に設置された6つのギアを備えている」と、プレスリリースには記載されています。

Ferrari 296 GT3 Gearbox
横置きギアボックスなのか?

つまり縦置きエンジンに横置きのギアボックスということになるはずですが、詳細は不明です。かつてWRC(世界ラリー選手権)を席巻したプジョー 206WRCは、横置きエンジンに縦置きのギアボックスを組み合わせていましたが、296 GT3はその逆バージョンということになります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath