ポルシェ 911 GT3 R 排気量アップと空力の改善

Porscheの新車情報レーシングカー

Porsche 911 GT3 R type 992

ポルシェが新しい911 GT3 Rを発表しました。992世代の911をベースにしたレーシングカーです。

今回は新型911 GT3 Rの概要をご覧ください。

Related Posts

新型911 GT3 Rの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche 911 GT3 R type 992 Front corner
新型911 GT3 R

Porsche 911 GT3 R type 992 Front
顔つきはロードカーよりも平べったい印象を受ける。

Porsche 911 GT3 R type 992 Bonnet
ボンネットの熱抜きダクト部分にもNACAダクトがある。

Porsche 911 GT3 R type 992 Side
ホイールベースは48mm延長されている。

Porsche 911 GT3 R type 992 Rear corner
スワンネックステーのリアウイングは、もはやGT3マシンではおなじみの装備だ。

Porsche 911 GT3 R type 992 Rear
フロントアクスル前方のフロアが高くなったことで、リアディフューザーの効果が増している。

Porsche 911 GT3 R type 992 Rear fender
ボリューミーなリアフェンダーは911ならではだ。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche 911 GT3 R type 992 Interior
新型911 GT3 Rのインテリア

Porsche 911 GT3 R type 992 Cockpit
使いやすそうなコクピット。ディスプレイは10.3インチ。

Porsche 911 GT3 R type 992 Steering wheel
ステアリングには様々なボタンが機能的に配置されている。

Porsche 911 GT3 R type 992 Console
コンソールからはエアコンのパイプが伸びている。

目次に戻る

シャシー

Porsche 911 GT3 R type 992 Rear three quarter

フロントアクスルの中央ピボットポイントが最適な配置となったことで、フロントアクスル前方が高くなり、床下のスペースが増大、リアディフューザーへのエアフローが改善しています。これによりマシンのピッチ感度が低下し、ブレーキング時のレーキが大きく(=ダウンフォースが大きく)なりました。

また、後輪が少し後方に移動したことで、ホイールベースが2,507mmに延長(旧型は2,459mm)されています。これによりリアタイヤの負担が軽減し、ロングスティントでもタイヤパフォーマンスが安定するようになりました。

ブレーキはAPレーシング製。フロントは390Φのディスクに6ピストンキャリパーの組み合わせ、リアは370Φのディスクに4ピストンキャリパーの組み合わせです。
車重はBOP(バランス・オブ・パフォーマンス)に応じて1,250kgとなっています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.2リッター・水平対向6気筒ガソリン自然吸気です。旧型が4.0リッターだったので、200ccほど排気量がアップしています。これにより最高出力は565psまで上昇しました。また、トルク曲線およびパワー曲線が最適化されています。

リアディフューザーにスペース的な余裕を持たせるべく、エンジンは5.5度傾斜して搭載されています。
オルターネーターやエアコンのコンプレッサーは1m前方に移設され、重量バランスも改善しました。

トランスミッションは911 GT3 Cupカーから派生したもの。シフトパドルは電子シフトドラムアクチュエータを制御し、素早いシフトチェンジが可能です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath