空冷ポルシェを究極のピュアスポーツに改造した「993R」

Porscheの新車情報スポーツカー, チューニングカー

Paul Stephens 993R

ポルシェのスペシャリストであるポール・スティーブンス オートアートが、空冷ポルシェの993を全て領域で25%改善した「993R」を発表しました。開発に5年もかかったそうです。
993Rはオリジナルよりも軽量でハイパワーとなっています。

今回は993Rの概要をご覧ください。

Related Posts

ポール・スティーブンス オートアート 993Rの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Paul Stephens 993R Front corner
ポール・スティーブンス オートアート 993R

Paul Stephens 993R Front
ノーマル然とした外観だが、徹底した軽量化がほどこされた代物だ。

Paul Stephens 993R Headlight
ヘッドライトはノーマルのままっぽく見えるが……

Paul Stephens 993R Wheel
ホイールは996.2 GT3のOEM品だが、中央のロゴは993Rに変更されている。

Paul Stephens 993R Rear corner
後ろから見てもノーマル然としているが、ガラスは薄肉化され軽くなっている。

Paul Stephens 993R Taillight
年代を感じさせるテールライトデザイン。中央には993Rのロゴ。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Paul Stephens 993R Interior
993Rのインテリア。ダッシュボードの蓋すら外して軽量化されている。センターコンソールも無い。

Paul Stephens 993R Meter
タコメーターは9千回転スケール。ピークパワーは7,400rpmで発生。

Paul Stephens 993R Seat
シートは軽量なカーボン製に変更。

Paul Stephens 993R Rear seat
リアシートも除去されているが、手荷物くらいは置けそうだ。

Paul Stephens 993R Roll cage
ボディ一体型のロールケージ。

目次に戻る

シャシー

ショックアブソーバーはTRACTIVE社製のアクティブダンパーに交換されています。
ブレーキは993RS用のものを装着。ホイールは996.2 GT3の18インチです。
タイヤは最新のミシュラン パイロットスポーツ4Sを履いています。

993Rが最もこだわっているのは軽量化です。「少ないほど豊かである」というのが同社の哲学だからです。
ポルシェモータースポーツ製の薄肉化ガラスやアルミボンネットへの交換、電動ミラーやパワーウィンドウの除去に加え、エアコンやラジオも取り外されています。その上センターコンソールやグローブボックスの蓋すら取り除かれているのです。一方、シートはカーボン製のレカロシートに置き換えられています。
これらの軽量化により、車重は1,200kgまでダイエットされました。ノーマルの993が1,379kgなので、180kg近くも軽くなったことになります。

目次に戻る

パワートレイン

Paul Stephens 993R

エンジンは3.6リッターから3.8リッターに排気量アップされた他、997 GT3のクランクシャフトとベアリング、RSRのシリンダーとピストン、軽量化されたコンロッド、ポルシェモータースポーツのバルブリフター、調整可能なロッカー、そして特注のカムシャフトと個別のスロットルボディが装着されています。
これにより最高出力は335ps、最大トルクは360Nmとなりました。ノーマルが275psなので、自然吸気エンジンとしては大幅なパワーアップを実現しています。ちなみに365ps仕様を提供する予定もあるそうです。

トランスミッションは6速マニュアル。リミテッドスリップデフも装着されています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath