EVのスマート #1にブラバス仕様

他メーカーの新車情報EV, SUV, ハイパフォーマンスモデル

Smart #1 Brabus

EVのスマート #1に、ブラバス仕様が追加されるそうです。最近のブラバスはメルセデス・ベンツ EQSなど、EVのカスタムに力を入れています。

今回はスマート #1 ブラバスの概要をご覧ください。

Related Posts

スマート #1 ブラバスの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Smart #1 Brabus Front corner
スマート #1 ブラバス

Smart #1 Brabus Front
ユニークなフロントマスク。やや高い位置にあるsmartのバッジはいらない気がする。

Smart #1 Brabus Nose
バンパー開口部の大部分は塞がれている。

Smart #1 Brabus Side
フローティングルーフや一直線なルーフラインなど、どことなくMINIっぽさがある。

Smart #1 Brabus Wheel
ホイールのデザインは標準モデルと異なる。

Smart #1 Brabus Top
グレーと赤のカラーリングがかっこいい。

Smart #1 Brabus Roof end
テールゲートスポイラーには穴が開いており、空気の流れを確保している。

Smart #1 Brabus Taillight
テールライトの形状は、ヘッドライトと対をなすものだ。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Smart #1 Brabus Steering wheel
スマート #1 ブラバスのステアリング。ブラバスのロゴが小さいのが残念。

Smart #1 Brabus Head rest
ヘッドレストにはブラバスのマーク。スマートのマークを全部これに変えてほしかった。

目次に戻る

パワートレイン

Geely(吉利自動車)のSEAプラットフォームを利用している#1は、前後にモーターを搭載するデュアルモーター仕様のAWD(全輪駆動)です。
スマート #1 ブラバスでは、最高出力428ps、最大トルク543Nmを発生します。標準モデルの#1が272ps・343Nmなので、パワー・トルクともにかなり向上しています。
0-100km/h加速は3.9秒という俊足です。ちなみに#1の前後重量配分は50:50だとスマートは主張しています。

航続距離はまだ公表されていません。バッテリー容量は標準モデルの#1と同じ66kWhということなので、#1 ブラバスが大幅にパワーアップしていることを考慮すると、標準モデルの航続距離(WLTPで439km)を下回ることになると思います。

目次に戻る

価格・発売日

スマート #1 ブラバスは、中国の成都モーターショーで発表されましたが、価格はまだ公表されていません。
欧州では2022年中に発売されるはずですが、日本に導入されるかは不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath