メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス 直4だがパワーはV8を凌駕

Mercedes-Benzの新車情報セダン, ハイパフォーマンスモデル, メルセデス・ベンツ Cクラス (W206)

Mercedes-AMG C63 S E-Performance

メルセデスAMGC63 S Eパフォーマンスを発表しました。これまではV8が搭載されてきたC63ですが、新型ではダウンサイジングされ直4となっています。しかし、最高出力は先代のV8を凌駕しています。
そしてEパフォーマンスと銘打たれていることからもわかるように、PHEVパワートレインを搭載しています。

今回はAMG C63 S Eパフォーマンスの概要をご覧ください。

Related Posts

C63 S Eパフォーマンスの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Front
メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Side
ボンネットには熱抜きダクトが備わる

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Fender
フェンダー上にはルーバー。その下にはTURBO E PERFORMANCEのロゴ。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Rear corner
派手なエアロパーツはついていないが、スポーティーな印象を醸し出している。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Taillight
こういう形状のリアスポイラーは、メルセデスでは初めてだと思う。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Rear
クアッドエキゾーストを装着している。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Exhaust
リアバンパー下端の両サイドには小ぶりなエアロパーツが装着されている。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Station wagon front
C63 S Eパフォーマンスにはステーションワゴンもある。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Station wagon rear
世界最速のステーションワゴンかもしれない。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Interior
C63 S Eパフォーマンスのインテリア

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Cockpit
未来的な印象のコクピット。ステアリングがかっこいい。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Dashboard
内装の基本的なデザイン自体は新型Cクラスと同様だが、受ける印象は対照的だ。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Front seats
スポーティーな形状のシートを装着している。

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Rear seats
リアシート形状も標準のCクラスとは異なるデザインとなっている。

目次に戻る

シャシー

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Cornering

アダプティブダンピングシステムを備えたAMGライドコントロールサスペンションを標準装備しています。
リアアクスルステアリングも標準装備です。
3段階のAMGパラメーターステアリングは、選択したドライブモードに適応する可変ステアリングジオメトリレシオを備えています。
標準装備されるブレーキは、フロントに6ピストンキャリパー、リアに1ピストンキャリパーを装着するAMGハイパフォーマンスコンポジットブレーキです。回生ブレーキの効きの強さは4段階から選べます。

目次に戻る

パワートレイン

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Charging

エンジンは2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボです。ターボチャージャーには電気モーターが組み込まれており、排気ガスの力が弱い低速域では、電気モーターがコンプレッサーホイールを加速します。
エンジンの最高出力は476ps、最大トルクは545Nm、リッターあたり出力は238psであり、世界で最も強力な4気筒エンジンです。
一方、リアアクスルに搭載される電気モーターの最高出力は204ps、最大トルクは320Nmとなっています。
そしてシステムの総出力は680ps、総トルクは圧巻の1020Nmです。

トランスミッションはAMG スピードシフトMCT 9Gで、駆動方式は全輪駆動の4MATIC+です。面白いのは、後輪のスリップを検知すると、電気モーターの駆動力がプロペラシャフトを介して前輪にも伝達されるという点です。アテーサE-TSの電気版みたいな感じですが、モーターなのでレスポンスに優れていると思います。
0-100km/hは3.4秒、最高速は280km/h(オプション装着時。未装着だと250km/hに制限)となっています。

PHEVのバッテリーは、F1にインスパイアされたAMGハイパフォーマンスバッテリーです。容量は6.1kWh。重量はわずか89kgしかありません。560個のセルをハイテク冷却剤で直接冷却し、非常に高いエネルギー密度を実現しています。連続出力は70kWで、10秒間だけ150kWにピーク出力を引き上げることもできます。

目次に戻る

価格・発売日

Mercedes-AMG C63 S E-Performance Acceleration

価格はまだ公表されていません。

C63 S Eパフォーマンスは、2023年初頭に発売されます。日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath