BMWの新車情報

BMW M2は、なぜM4並みの加速ができるのか?

投稿日:

加速性能を生み出すレシピ

BMW M2のワールドプレミアが、2016年1月のデトロイトショーで行われます。イギリスでの価格は6MTが£44,070(¥7,932,600)、M DCTが£46,575(¥8,383,500)とのことです。

BMW、デトロイトでM2など2台を初披露 - carview

BMW M2_外観

画像の出典: netcarshow.com


M4・M3とM2の価格および価格差

車名 価格(¥) 価格差(¥)
BMW M4 11,260,000
BMW M3 11,040,000 −220,000
BMW M2 8,383,500 −2,656,500

表中の価格はM DCTモデルのものを使用。


M4から多くのパーツを流用することでコストが抑えられたM2は、Mシリーズのエントリーモデルに位置づけられています。しかしその性能はM4並みです。

M4とM2のスペック比較表

車名 馬力(ps) トルク(kg・m) 車重(kg) PWR(kg/ps) 0-100km/h(秒)
BMW M4 431 56.1 1640 3.80 4.1
BMW M2 370 47.4 1595 4.31 4.3

数値はどちらもM DCT搭載モデルのものを使用。


0-100km/h加速に関しては、わずか0.2秒しか差がありません

でも表のデータはパワーウエイトレシオ(以下、PWR)では圧倒的に不利なM2が、なぜM4に肉薄するほどの0-100km/hタイムを記録できたのか? という疑問には答えてくれません。

sponsored link


パワーウエイトレシオはどこまで加速に影響するのか?

まずPWRが加速に与える影響を確かめるために、M4・M2と0-100km/h加速タイムが近い車のPWRを調べてみました。このエントリに出てくるM2以外のデータはgreeco-channel.com様から引用したものです。

PWRと0-100km/h加速

車名 馬力(ps) 車重(kg) PWR 0-100km/h(秒)
BMW M4 431 1640 3.80 4.1
AMG C63 476 1790 3.76 4.1
ロータス エヴォーラ400 406 1395 3.44 4.2
BMW M2 370 1595 4.31 4.3
Audi RS3スポーツバック 362 1560 4.25 4.3
日産 フェアレディZ ver.NISMO 355 1520 4.28 4.7
ポルシェ 911カレラ 350 1380 3.94 4.8
ポルシェ ケイマンGTS 340 1420 4.18 4.8

表は0-100km/h加速のタイム順に並んでいます。

表中のPWR1位であるエヴォーラ400が0-100km/hでは3位なこと、911カレラが下位に沈んでいることなどからも、PWRだけでは、0-100km/hの加速性能を説明できないことがわかりますね。例えばRS3スポーツバックは、4WDだからタイムが良いわけです。

トルクウェイトレシオで説明できること・できないこと

PWRでは説明が付かなかったので、次はトルクウェイトレシオ(以下、TWR)で比べてみましょう。

TWRと0-100km/h加速

車名 トルク(kg・m) 最大トルク発生回転数(rpm) TWR 0-100km/h(秒)
BMW M4 56.1 1850-5500 29.2 4.1
AMG C63 66.3 1750-4500 27.0 4.1
ロータス エヴォーラ400 41.8 3000-6950 33.4 4.2
BMW M2 47.4 1400-5560 33.6 4.3
Audi RS3スポーツバック 47.4 1625-5550 32.9 4.3
日産 フェアレディZ ver.NISMO 38.1 5200 39.9 4.7
ポルシェ 911カレラ 39.8 5600 34.7 4.8
ポルシェ ケイマンGTS 38.7 4750-5800 36.7 4.8

PWRに優れるエヴォーラの0-100km/hタイムがM4より遅いことは、TWRで説明できそうです。

また、TWRが小さくても最大トルク発生回転数が高くトルクバンドが狭いと、0-100km/hタイムは伸びないみたいですね。

しかしRS3スポーツバックは、PWR・TWRで共にM2を上回っているにも関わらず、0-100km/hのタイムは同じです。つまりM2は、その不利を覆す何かを持っているのです。

M2とRS3スポーツバック

Audi RS3スポーツバック_外観

画像の出典: netcarshow.com


M2の強み

たしかにトルクの発生回転数が225回転ほどM2の方が低い分、トルクバンドではM2に分があります。

また、M2にはオーバーブースト機能が装備されており、わずかな時間だけ1350〜4500rpmのトルクを3.57kg・m増強してくれます。つまり1400〜4500rpmの間は、50.97kg・mのトルクになるということです。

RS3スポーツバックの強み

一方、RS3スポーツバックの強みは4WDにあります。4WDは加速時に圧倒的な優位性を持つからです。

例えば911カレラと911カレラ4は、パワー・トルクは同じで車重だけカレラ4が50kg重いのですが、0-100km/hのタイムはカレラ4が0.1秒遅いだけです。

Mパワー vs quattroシステム

M2のオーバーブースト機能は確かに強力ですが、トルクバンド全域で機能するわけではありません。また、0-100km加速でオーバーブーストの回転数を使い切れるのは、ステップ比の関係で1速の時だけだと考えられます。

M2がM4と同じギア比のM DCTを積んでいると仮定(おそらくその可能性が高い)するなら、1速7000rpmで2速にシフトアップすると、ステップ比の関係で3780rpmまでしかドロップしません。つまり2速では3780〜4500rpmまでの間しか、オーバーブーストは効かないわけです。

RS3スポーツバックの4WDは、いつ如何なるときでも機能します。一方M2は、例えオーバーブーストでトルクを得たとしても、それを路面に伝えるのは後輪だけです。M2に優位性があるとは思えません

しかしタイムは五分。何がM2にこれほどの加速性能をもたらしているのでしょう?

足元に目を向けてみる

他に加速性能に影響する要素といえば、タイヤ外径とギア比です。駆動輪のタイヤ外径と、0-100km/h加速に関係ある2速までのギア比、および最終減速比のデータをまとめました。

タイヤ外径とギア比

車名 タイヤ外径(mm) 1速ギア比 2速ギア比 最終減速比
BMW M4 677 4.806 2.593 3.462
BMW M2 668 4.806 2.593 3.462
Audi RS3 SB 647 3.562 2.526 4.058

M2のギア比は、M4のものを流用しています。M DCTはM6からM3まで最終減速比だけを変えて流用しているので、おそらくM2も同様かと思われます。


このデータに基づき、タイヤの最大駆動力を比較します。

タイヤ最大駆動力

車名 1速最大駆動力(kg・m) 最大駆動力(2速) 1-2速TWR 0-100km/hタイム(秒)
BMW M4 2757.5 1487.8 0.59-1.10 4.1
BMW M2 2361.3 1274 0.67-1.25 4.3
Audi RS3 SB 2117.9 1277.2 0.73-1.22 4.3

1速ではM2が、2速ではRS3スポーツバックが、それぞれタイヤ最大駆動力のTWRで優位に立っています。

しかしM2にはオーバーブーストがあり、作動中の1速最大駆動力は2540.5㎏・mに達します。その際のTWRは0.628となり、M4に匹敵するほどです。

M2はM4よりもタイヤ外径が小さいため、オーバーブーストがより効果的に駆動力を生み出します。そしてM4比で45kg軽いM2の車体を、猛然と加速させるのです

RS3スポーツバックがM2と0-100km/hで互角なのは、quattroシステムのおかげにほかなりません。逆に言うとM4並みのTWRがなければ、M2がRS3と加速で張り合うことなどできないのです。

BMW M2はスプリンター

トルク・タイヤ外径・ギア比の3要素が、最高速よりも加速重視で構成されていることで、M2はM4とは異なる刺激的なキャラクターを手に入れました。低速からのピックアップに優れるM2は、峠やワインディングでも楽しめる車だと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。BMW M2に興味のある方は、以下の記事もぜひご覧ください。

やだ、BMW M2の日本価格……高すぎ?

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-BMWの新車情報

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.