Porscheの新車情報

新しい911GT3でMTが復活! 次期ケイマンGT4はフラット6

sponsored link

ポルシェ_911GT3RS_リア

新型911GT3は原点回帰か

次期911GT3にはマニュアルギアボックスが搭載されると、ポルシェの開発者が明らかにしました。また、エンジンに関しても、自然吸気の水平対向6気筒を継続するそうです。

次期ケイマンGT4も同様にNA・フラット6が採用されるといいます。GTシリーズは「最速」を目指すモデルから、「プリミティブなドライビング・プレジャー」を提供するモデルへと変革しつつあります。

sponsored link

目次
  1. 911 Rの正体
  2. 次期911GT3のポジショニング
  3. 次期ケイマンGT4は、なぜNAなのか?

911 Rの正体

ポルシェ_911 R_外観

次期911GT3に搭載されるMTは、ジュネーブ・ショーで発表になった911 Rに採用されたものがそのまま流用されるようです。

といっても、別にポルシェが手抜きをしているわけではありません。そもそも911 Rの元となったのは、PDK仕様と比較検討するべく作られた次期911GT3の開発車両だからです。つまり次期911GT3のMTを、911 Rに流用したというのが実態です。

911 Rのオールドファッションなスタイルも、開発車両の911GT3に施されていたものだといいます。軽量化し、リアウイングを外し、2本のストライプとシンプルなインテリアに変更した現行型GT3を、ポルシェ社の役員もすぐに気に入ったそうです。

目次に戻る

次期911GT3のポジショニング

しかし911 Rが販売される以上、次期911GT3は、その開発車両(911 Rのベース)とは異なる性格の商品にならざるを得ません。

MT仕様のみの911 Rとは異なり、次期911GT3はPDKが標準、MTがオプションです。ただし911GT3RSだけは、PDKのみの設定となるそうです。

これらの事実を総合すると、PDKは快適性だけでなく、速さを象徴するアイテムとして扱われていることがわかります。

しかしポルシェ社は「速さ≠スポーティー」と考えているようです。だからこそMTを復活させ、「車を操る楽しさ」を伝えようとしています。

よって次期911GT3は……

  • 「速さを追求したPDK仕様」GT3RS
  • 「速さと快適性を両立させたPDK仕様」GT3
  • 「車を操る楽しさを味わえるMT仕様」GT3

というラインナップになります。

これまでのGT3はサーキットに特化したグレードでした。しかし次期GT3は、911カレラの速さや快適性といったキャラクターを一回り大きくしたような、より多くのユーザーに受け容れられる車になるはずです。

目次に戻る

次期ケイマンGT4は、なぜNAなのか?

ポルシェ_ケイマンGT4_走行写真

現行型ケイマンGT4は、MTしか設定のないストイックなモデルです。逆に言うと、最速を追求したモデルではありません。

つまり現行型ケイマンGT4は、911 Rや、次期911GT3のMT仕様に近い性質の車ということになります。「車を操る楽しさ」を提供するのが目的のモデルです。

次期ケイマンGT4がドライバビリティに優れるNAエンジンのみをラインナップするということは、現行型のキャラクターを引き継ぐという宣言に他なりません。

ボクスター/ケイマンにおけるサーキット最速のグレードは、400ps前後のターボエンジンが搭載される予定のGTSやスパイダーになるはずです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: Porscheの新車情報
Tag:

戻る