その他モータースポーツ モータースポーツ

WRX STI TTは、インプレッサWRカーの生まれ変わりだった!

sponsored link

WRX STI

昨日の時点では詳細不明だった「WRX STI TT」のスペックが判明しました。

sponsored link

目次
  1. WRX STI TTの詳細
  2. WRX STI TTの動画

WRX STI TTの詳細

スバルオブアメリカプロドライブに製作を依頼したマシンです。

2016年仕様マシンのシャシーは、2014年に製作したものをアップデートして使用しています。主な変更箇所は足回りで、マン島のバンピーな路面と、よりハイグリップなタイヤに対応するためのチューニングが施されています。

今回は完全な競技車両ということで、FIAの安全規則に基づき製作されました。安全性の向上にはこれまでのマン島タイムアタックだけでなく、WRCでの経験も活かされているそうです。


エンジン

WRX STI TT_エンジン

画像の出典: autocar.co.uk

エンジンはなんと600ps55.3kgf・mを発生します。

WRカー用のエンジンからリストリクターを取り外したみたいなスペックだなと思ったら、エンジンパーツにはWRカーから流用品が数多く使われているんだとか。まあ、リッターあたり300psのボクサーエンジンを作ろうと思ったら、WRカーのパーツを使うのが手っ取り早いのでしょう。

とはいえアクセル全開率が75%にも上るマン島では、低速域のピックアップを重視したラリーカー用のエンジン特性はマッチしません。そこでプロドライブはエンジンを高回転型に変更し、レブリミットを8500rpmまで引き上げたそうです。

組み合わされるギアボックスもWRカーからの流用品で、パドルシフトでシフトチェンジできます。ただしギア比は推定288km/hの最高速に対応すべくハイギアード化されているようです。


ドラッグ・リダクション・システム(DRS)

WRX STI TT_DRS

画像の出典: autocar.co.uk

F1やDTMマシンに搭載されているDRSを、WRX STI TTも採用しています。でも本来はオーバーテイクを増やすための装置のはずです。なぜタイムアタック用のマシンに採用したのでしょう?

その理由は、マン島の特殊なコース特性にあります。マン島は「超」が付くほどのロングストレートとツイスティなセクションで構成され、しかも道幅はタイトです。

ロングストレートでは大きなリアウイングは抵抗にしかなりませんが、中高速コーナーではダウンフォースがないと挙動が不安定になります。ストレートとコーナーの両方で理想的な空力を実現するのに、DRSはうってつけだったのです。


その他の要素

WRX STI TT_サスペンション

画像の出典: autocar.co.uk

シトロエンのWRカーにも装着されている「EXE-TCサスペンション」が採用されました。セッティングはターマックラリーカーに近いものだそうです。

アンダーフロアは完全にフラット化され、スムーズな路面において強烈なダウンフォースを発揮します。

タイヤはダンロップスポーツMAXXのスリックタイヤで、なんとBTCCのものだそうです。ただしコンパウンドは公道使用が合法なものに変更されています。

目次に戻る

WRX STI TTの動画

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: その他モータースポーツ, モータースポーツ
Tag:

戻る