アキュラ インテグラがパイクスピークに参戦

その他モータースポーツAcura, PPIHC

Pikes Peak 2022 Test Acura Integra Top

ホンダが北米で展開する高級車ブランドのアキュラが、2022年もパイクスピークインターナショナルヒルクライムに参戦します。
今年はアキュラ インテグラNSXタイプSも走るそうです。

パイクスピークインターナショナルヒルクライムは、156ものコーナーがある全長19.988kmのマウンテンロードを、山頂まで一気に駆け抜けるモータースポーツです。ゴール地点の標高は4,302mに達するため「The Race to the Clouds」とも呼ばれています。かつては未舗装路が含まれていましたが、現在は全区間が舗装済みです。

今回は2022年のパイクスピークにエントリーするアキュラの車両をご覧ください。

Related Posts

アキュラの2022年パイクスピーク参戦車両

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

インテグラ

Pikes Peak 2022 Test Acura Integra Top
アキュラ インテグラ

Pikes Peak 2022 Test Acura Integra Front
HPDのパフォーマンスパーツを装着しているが、エンジンはノーマルだ。

Pikes Peak 2022 Test Acura Integra Rear
エキシビジョンクラスなので外観もノーマルに近い。

Pikes Peak 2022 Test Acura Integra Interior
ロールケージやバケットシートなどが装着されている。

Pikes Peak 2022 Test Acura Integra Cockpit
ステアリングは交換され、カーペットが剥がされているが、ダッシュボードなどはノーマルのままだ。

エキシビジョンクラスにエントリーするインテグラは、1.5リッター・直4ターボ(203ps・260Nm)と6速マニュアルトランスミッションこそノーマルのままですが、ブレーキやサスペンション、ディファレンシャルなどは、HPD(ホンダパフォーマンスディベロップメント)製のパーツでアップグレードされています。ホイールはバネ下重量を減らすために軽量なHRE製18インチに変更。タイヤはピレリのスリックで、サイズは245です。

目次に戻る

NSXタイプS

Pikes Peak 2022 Test Acura NSX Type S Front
こちらはNSXタイプS

Pikes Peak 2022 Test Acura NSX Type S Cornering
タイムアタック1クラスに参戦するNSXタイプSには、大型のウイングが装着されている。

Pikes Peak 2022 Test Acura NSX Type S Side
エキシビジョンクラスのNSXタイプS。タイプSならではのノーズの低さが印象的。

Pikes Peak 2022 Test Acura NSX Type S Rear
エキシビジョンクラスなのでリアウィングは無く、ノーマル然とした外観だ。

NSXタイプSは、エキシビジョンクラスとタイムアタック1クラスの2つにエントリーしています。多数のパフォーマンスアップグレードが施されており、ハイブリッド燃料クラスのコースレコード(10分01秒913)の更新が目標です。

また、NSXタイプSは、パイクスピークのオフィシャルペースカーとしても採用されています。

目次に戻る

TLXタイプS

Pikes Peak 2022 Test Acura TLX
タイムアタック1クラスに参戦するTLXタイプS。大型のスプリッターやリアウィングがかっこいい。

高性能セダンTLXタイプSも、エキシビジョンクラスとタイムアタック1クラスの両方にエントリーしています。
プレスリリースに記載が無いので詳細は不明ですが、ノーマルのTLXタイプSは3.0リッター・V6ターボ(360ps・480Nm)とSH-AWDを搭載するハイパフォーマンスモデルです。

100回目の節目を迎える2022年のパイクスピークインターナショナルヒルクライムは、6月26日(現地時間)に開催されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath