DTM黄金期の主役 アルファロメオ 155 V6 TIがオークションに

その他モータースポーツカーオークション, レーシングカー

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995

DTM(ドイツツーリングカー選手権)の黄金期に活躍したアルファロメオ 155 V6 TIが、オークションに出品されます。
イェーガーマイスターのカラーリングが鮮やかな個体は、ミハエル・バルテルスが2勝を上げたマシンです。

今回は155 V6 TIの概要をご覧ください。

Related Posts

155 V6 TIの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Front three quarter
アルファロメオ 155 V6 TI 1995

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Top
イェーガーマイスターのカラーリングが鮮やかだ。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Grill
この頃のレーシングカーは市販車のイメージがちゃんと踏襲されているのが良い。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Wheel
装着されているタイヤはヨコハマだが、当時のDTMではミシュランを履いていた。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Side
角張ったボディがかっこいい。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Nose
大きく突き出たフロントバンパーと、そこからサイドに伸びるカナードというエアロが独特だ。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Rear three quarter
エアロミラーと一体化したバイザーがユニーク。室内の空気を排出するための装備だろう。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Rear
ディフューザーが無いシンプルなリア周り。マフラーの巨大さが目を引く。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Rear wing
リアウィングもシンプル。空力に関してはまだまだ黎明期といった感じだ。

シャシー自体は1995年式ですが、カラーリングは1996年のイェーガーマイスターカラーに変更されています。

この個体のシャシーナンバーは005。
1995年のDTM/ITC(国際ツーリングカー選手権)でこの車を走らせたのは、アルファロメオのサテライトだったユーロチームです。
ステアリングを握ったのはミハエル・バルテルスで、彼はディープホルツのレース1・レース2で連勝しました。しかしこの勝利はウェイトハンデの変更によるところが大きく、シーズン順位では10位に終わっています。
93年、94年と、アルファロメオはDTMの主役でしたが、95年のマシン開発には明らかに失敗しており、完全復活は96年を待たなければなりませんでした。
しかし96年を最後にアルファロメオは撤退。ITCも96年をもって終了してしまいました。

DTM'95 ドイツツーリングカー選手権 ③
1995年のDTMディープホルツ戦のダイジェスト

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Interior
155 V6 TIのインテリア

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Steering
ステアリングは一見シンプルだが、各種スイッチが散りばめられている。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Seat
シートはバケットシートが1脚のみ。

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Roll cage
ジャングルジムのように組まれたロールケージ。

目次に戻る

パワートレイン

Alfa Romeo 155 V6 TI 1995 Engine

エンジンは2.5リッター・V型6気筒ガソリン自然吸気です。
レギュレーションに対応した超高回転型のエンジンで、11,500rpmで420psを発生したと言われています。

ギアボックスはこの1995年式からセミオートマチックトランスミッションに変更されました。
また、リアデフもこの年から電子制御化されています。

目次に戻る

価格・発売日

価格はオークションで決定されますが、修復に170,000ユーロ費やしているとのことなので、落札価格はそれよりも高額になるでしょう。

この個体が出品されるRMサザビーズのオークションは、2022年2月2日にパリで開催されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath