Audiの新車情報 新車情報

新型RS4アバント/RS5にはポルシェ製V6ツインターボ搭載

2017/02/03

RS5は、アウディA4をベースとするクーペ・A5を、Audi Sport Gmbh(旧称・quattro Gmbh)がチューニングした、まさしくメーカー謹製のコンプリートカーといえるものです。

また、RS4アバントは、世界最速のステーションワゴンとしてお馴染みです。
「RS」はクラス最速の称号といっても過言ではありません。

そのRS4アバントやRS5は、ベースとなるA4アバントが新型(B9型)に切り替わったため、モデルチェンジのタイミングを迎えています。

そんなRS5やRS4アバントの新型に、ポルシェ・パナメーラ4Sのエンジンが搭載されるという情報が飛び込んできました。

画像の出典: motor1.com

sponsored link

新型アウディRS4アバントのスパイショット

スリークなフォルムがかっこいい
やや尻下がりのルーフラインから、傾斜したテールゲートガラスへのつながりが美しい。
ロール角は意外と大きめ。

目次に戻る

新型アウディRS5のスパイショット

2016年12月撮影

巨大なバンパーダクトとホイールが、異様な雰囲気を醸し出している
FFベースのクーペらしく、ボンネットはさほど長くはない。
サイドウィンドウ上端のラインが急激に変化するCピラーのデザインがユニーク。
大口径の楕円形デュアルマフラーが目を引く。
おしゃれなデザインのハイマウントストップランプ。

画像の出典: motor1.com

2017年1月撮影

デイタイムランニングライトの形状がわかる画像。
以前とは異なり、ブラックのホイールを履いている。
こちらのホイールカラーは以前と同じだが、シャークフィンアンテナが追加されている。

画像の出典: motor1.com

目次に戻る

新型RS4アバント/RS5のエンジン

現行RS4アバントとRS5には、4.1L・V8自然吸気(NA)が搭載されているのですが、新型には先日フルモデルチェンジを果たしたばかりのポルシェ・パナメーラ4S2.9リッター・V6ツインターボに搭載される予定です。

パナメーラ・4Sの2.9L V6ツインターボ

画像の出典: automobilemag.com

このエンジンには、

  • ヘッド一体型エキゾーストマニホールド
  • プラズマ溶射シリンダー
  • スプレーガイデッド直噴

など、最新の技術が投入されています。

パナメーラ4S版は、最高出力440ps最大トルク550Nmを発生します。
1750rpmという低回転から最大トルクを発生するため、現行型V8(最大トルク発生回転数は6000rpm)とは正反対のキャラクターを持つエンジンといえるでしょう。

新型RS4アバント/RS5に搭載されるバージョンは、Audi Sport Gmbhによってさらなるチューニングが施され、455ps600Nmまでスープアップされます。

パナメーラ4Sの車重は1870kg。現行型(B8)のRS4アバントの車重は1860kg、RS5は1810kgですが、新型は軽くなるはずなので、パナメーラ4S以上の運動性能が期待できるでしょう。

目次に戻る

新型RS4アバント/RS5のシャシー

すでにデビューしている新型A4/A5と同様に、MLB Evoプラットフォームに切り替わります。

軽量化に配慮されたMLB Evoは、A4セダンにおいて先代比120kgもの軽量化を可能にしました
よってRS4アバント/RS5においても、大幅な軽量化は難しくないはずです。
駆動方式はもちろん4WDとなります。

目次に戻る

新型RS4アバント/RS5の価格・発売時期

新型RS5は、2017年3月のジュネーブ・モーターショーでワールドプレミアされます。
生産は2017年6月より開始されるそうなので、発売は2017年夏になると思われます。

新型RS4アバントは現在開発の最終段階で、ワールドプレミアは2017年9月のフランクフルト・モーターショーが有力です。
生産は2017年12月開始とされているため、発売は2018年初頭となるでしょう。

価格はまだ明らかになっていません。
現行型からすると1400万円程度になると思われますが、円安なので若干上振れするかもしれませんね。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: Audiの新車情報, 新車情報
Tag: , , ,

戻る