トヨタ車の評価・口コミ 評価・口コミ

トヨタ・オーリス120Tの評価・口コミ ゴルフとは違うのだよ!

更新日:

トヨタ・オーリスは、日本市場だとイマイチ存在感が薄い車です。
販売台数も月間600〜800台程度と、トヨタ車としてはマイナー。
ほとんど消費者は、車を選ぶ際の選択肢にすら入れていないでしょう。

しかしフォルクスワーゲン・ゴルフの対抗馬としてトヨタが開発した力作だけあって、使い勝手や走りの良さはかなりのものです。
とくにマイナーチェンジで投入された1.2リッター直噴ターボを搭載した120Tの評価は高いのですが、価格も高いため、あまり売れていないようです。

しかし売れていない・人気が無いということは、中古車市場での値下がり率も大きいということを意味しています。
不人気車なのに出来が良いオーリス120Tは、中古で買うには最高の車なのです。

オーリス120Tの新車価格は259万円(車両本体のみ)ですが、中古だと走行距離1万km以下の個体が、諸経費を含む総額で200万円程度で取引されています。(2016年12月時点)

同じくらいの値段でゴルフ7 1.2TSIも流通しており、実燃費もほぼ変わりません。
しかし長期間使うことを考えたら、パーツ供給やサービスの面でトヨタ車の方に分があるでしょう。
メンテナンスパックの価格もカローラ並だそうですから、ランニングコストでもゴルフ7より有利だと思います。

画像の出典: toyota.jp

sponsored link


オーリス120Tのエクステリア

2代目オーリスの後期型は、全長が55mm延長され、より伸びやかなデザインとなりました。
メッキモールの配されたグリルや、キーンルックを強調したフロントバンパー、水平基調のリアバンパーなど、前期型よりも全体的にプレミアム感が増しています。

画像の出典: autoc-one.jp

エクステリアの評価や口コミを総合すると、

  • 前期型から改善されたフロントマスクは結構良い。
  • でもキーンルックはやめてほしい。
  • 全体的に塊感がある。
  • ボディカラーの選択肢が少ないのが残念。
  • 後席の乗降性が悪い

といった意見が多かったです。

目次に戻る

オーリス120Tのインテリア

スポーティーな車であることをウリにしているのに、インテリアにはなぜか木目調パネルの加飾が施されています。
装備充実の「RSパッケージ」はカーボン調のインテリア加飾です。

120Tのインテリア。
こちらは120T・RSパッケージ。カーボン調のパネルに変更されている。
120Tのフロントシート。本革とウルトラスエードのコンビシートだ。
120T・RSパッケージのフロントシート。こちらはファブリック表皮となる。

画像の出典: toyota.jp

ドア内張り。肘が当たるところはソフトパッドになっている。

画像の出典: autoc-one.jp

後席はやや狭め。乗降性もイマイチ。

画像の出典: webcg.net

ラゲッジスペース容量は360リッター(リアシート使用時)

画像の出典: newsroom.toyota.co.jp

インテリアの評価や口コミを総合すると、

  • 純正シートはホールド性や座り心地が良くて気に入った
  • ソフトパッドの使い方が良い。
  • 木目調パネルは安っぽくて好きじゃない。
  • 後席が狭い
  • ラゲッジスペース容量はそこそこ広い(360リッター)

以上のようなコメントが多かったです。
ちなみにゴルフ7のラゲッジスペース容量は380リッターあるのですが、「20リッターくらいの差じゃ気にならない」とのことでした。

目次に戻る

オーリス120Tのエンジン・実燃費

1.2リッター直噴ターボは、116ps185Nm(18.9kgf・m)を発生します。
パワーとトルクは1.8リッターNAのオーリスや、オーリス・ハイブリッドを上回っています。

画像の出典: autoc-one.jp

VWゴルフとの違いは、トランスミッションがCVTであることです。

エンジンや実燃費に関する評価や口コミの主だったものは、

  • CVTとターボの相性が良く、スムーズに加速できる。
  • 低速から高速まで十分なパワー。
  • 走りも燃費もそこそこというバランス。
  • CVTだが、アクセル開度に車速がちゃんとついてくる。
  • 回転数が押さえられているので静か
  • 実燃費は街乗り13〜15km/L、郊外・高速道路17〜19km/L
  • ハイオク仕様なのがたまにキズ

といった意見がほとんどで、ハイオク仕様(レギュラーも使えるがパワーダウン)なこと以外は、低評価はほぼ無いに等しかったです。

目次に戻る

オーリス120Tのハンドリング・取り回し

欧州車に負けないハンドリング性能を目指した2代目オーリス。
ユーザーはどのように評価しているのでしょうか? 主要な意見は、

  • 高速走行時の直進安定性が高く、疲れにくい。
  • キビキビと走り小回りも利く
  • しっかりしたボディに引き締まった足回り。
  • リアのダブルウィッシュボーンサスが良く動き、接地感が高い。
  • 3ナンバーだがコンパクトなので駐車場でも苦労しない。

というものでした。
ハンドリングはスポーティーというほどではないものの、気持ちよく走れるセッティングになっているようですね。

最小回転半径は5.2mです。ただし120T・RSパッケージは5.4mとなります。

ちなみに1.5リッターのオーリスはリアサスがトーションビームなので、その点でも120Tのハンドリングに分があるようです。

目次に戻る

オーリス120Tの乗り心地・静粛性

ユーザーの主だった意見を集約すると、

  • 静粛性が高い(オーリス150Xより静か)
  • 足回りは程よい硬さで乗り心地が良い

ゴルフ7は足が硬すぎるという声をよく耳にするので、乗り心地に関してはオーリス120Tにアドバンテージがあると思います。

目次に戻る

オーリス120Tの安全装備

トヨタ・セーフティセンス・Cが標準装備されているので、

  • プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)
  • レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)
  • オートマチックハイビーム

という3つの予防安全システムが装着されています。

衝突安全装備としては、運転席・助手席・サイド・カーテンの4種類のエアバッグを標準装備
ボディの衝突安全性能はユーロNCAPでも5つ星を獲得しているなど、安全性の高さは折り紙付きです。

目次に戻る

オーリス120Tの総評

日本では「ゴルフの対抗馬」ということばかりが注目された結果、「ゴルフと同じならゴルフの中古買えばいいじゃん」みたいな論調になってしまい、オーリス120Tはメディアからもあまり評価されませんでした。

しかしユーザーレビューを丹念に見ていくと、オーリス120Tは、ゴルフとは違うユーザー層に向けてつくられていることに気づきました。

ゴルフは車好き・走り好きにもウケる車ですが、足が硬すぎたり、内装がちょっとシンプルすぎるなど、車に興味の無いの人には良さがわかりにくい部分があります
逆にオーリスは、静粛性の高さや乗り心地の良さ、インテリアの加飾など、車に興味の無い人にもわかりやすい良さがあるモデルです。

だから海外ではオーリス(カローラハッチバック)は売れているのですが、日本だと車に興味の無いユーザー層は、みんなミニバンとかSUVに行ってしまって、Cセグメントハッチバックには見向きもしないんですよね……。
まあ、人気薄な分だけ、オーリス120Tの中古車を安く買えるわけですけど。

オーリス120Tに興味をお持ちなら、カーセンサーで検索してみてください。
登場から1年半ほどですが、修復歴無し・走行距離1万km以下の個体でも、160万円台から出回っています。
でもオーリス120Tの台数は少ないので、欲しいなら早めに在庫確認を。

Car Sensor Net

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-トヨタ車の評価・口コミ, 評価・口コミ
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.