アウディ新型A1 プレミアムコンパクトはさらなる高みを目指す

Audiの新車情報,新車情報

アウディのプレミアムコンパクト「A1」も、いよいよ第2世代にバトンタッチとなります。

さらに高級志向を強めると見られている新型A1は、果たしてどのような姿になるのでしょうか。
開発車両のスパイショットを手がかりに、現行モデルとの違いを検証してみました。

画像の出典: motor1.com


【PR】愛車を最高査定額で売却! MOTAが選ばれる理由

1.高額査定の3社のみとの連絡で、電話ラッシュから解放されます!
一括査定サービス最大の課題は、絶え間ない営業電話のラッシュでした。しかし、MOTAを選べば高額査定の3社のみとの連絡で、これからはその恐怖から解放されることでしょう。愛車の査定をストレスフリーに利用できます。

2.申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がwebでご確認いただけます!
MOTAなら最大20社からの概算査定額をwebで簡単に確認できます。実際に連絡を取り合うのはその中の上位3社だけ。20社が競り合うことで、査定額も自然にアップします。さらに、市場相場を把握できるので、買取店との交渉も有利に進められます。

3.入力はたったの45秒で完了。しかも利用料は無料です!
査定申し込みに必要な情報は45秒で簡単に入力完了します。しかも、利用料は一切かかりません。気軽に査定を試してみてください。

新型A1のスパイショット

現行(第1世代)のA1
こちらは新型(第2世代)A1。サイドミラーの取り付け位置が変更されている。
現行型A1スポーツバックのサイド
新型のサイド。Cピラーの所にあった三角窓が無くなり、リアドアの面積自体が広がっている(=後席拡大)。
現行型のリア
新型のリア。リアウィンドウの上下の幅が狭くなっている。
現行型を斜め後ろから。
新型はリアハッチが現行型ほどには寝ていないようだ。

目次に戻る

新型A1の概要

プラットフォームは次期フォルクスワーゲン・ポロと同じく、MQBプラットフォームとなります。

新型A1は現行モデル(第1世代)よりもホイールベースが延長され、後席の広さが拡大されるようです。
ここらへんも次期ポロと同じですね。

内装の変更点としては、アウディ・バーチャルコクピットの採用が挙げられます。
アウディはA1の下にエントリーモデルとなる新車種(つまり「A0」)を追加するらしいので、A1は高級志向のモデルとして差別化すべく、内装の質感向上も図られるでしょう。

新型A1のエンジン

ベースモデルには、1.0リッター・直列3気筒が搭載されます。
また、直列4気筒モデルは、新世代の1.5リッター・EA211 TSI evo搭載するはずです。

A1が今まで以上に高級志向な位置づけの車種となるため、プラグインハイブリッド「e-tron」や、ハイパフォーマンスモデルの「S1」および「RS1」が設定される確率は、かなり高いでしょう。

トランスミッションは、6速MTもしくは7速DCTになりそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。