アウディ R8クーペ V10 GT RWD V10エンジンにさよなら

Audiの新車情報

Audi R8 Coupe V10 GT RWD

アウディR8クーペ V10 GT RWDを発表しました。軽量化した車体に、スタンダードなR8よりも強力なエンジンを搭載しています。そして駆動方式は車名にある通り後輪駆動です。

ちなみにR8 GTというモデルは、約12年前にも存在しました。よって今回のR8 GTは2代目となります。そして今回のR8 GTは、アウディにとって最後のV10エンジン搭載車です。

今回はR8クーペ V10 GT RWDの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

R8クーペ V10 GT RWDの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Front
Audi R8 Coupe V10 GT RWD

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Nose
スプリッターやカナードはカーボン製だ。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Wheel
軽量な鍛造ホイールを装着している。サイズは20インチ。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Fender
フロントフェンダー周りはシンプル。最新の空力処理と比べると流石に見劣りする。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Rear
大型のリアウイングを装着する点は、初代R8 GTと同様だ。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Side skate cover
カーボン製のウィングはスワンネックステーで支持されている。下部のサイドスカートカバーもカーボン製。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Rear end
マフラーの口径が半端ない。

車重は1,570kgに抑えられています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Cockpit
Audi R8 Coupe V10 GT RWDのインテリア

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Lighting
Audi Sportのロゴがお出迎え。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Scuff plate
スカッフプレートも光る。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Floor mat
フロアマットにはR8 GTのロゴ。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Interior
室内は黒と赤で統一されている。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Console
シフター周りはすべてカーボン。シリアルナンバーが000なので、この車は広報車だとわかる。

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Seats
バケットシートも軽量化に貢献しているという。

目次に戻る

シャシー

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Cornering

フロントのアンチロールバーは、軽量化のためカーボン製のものに置き換えられています。また、アンチロールバーのコネクティングロッドも軽量なアルミニウム製です。
ノーマルでも十分にスポーティーなR8 GTですが、ドライバーが望む場合は、車高調整と2Wayの減衰力調整機構を備えたコイルオーバーサスペンションを装着することもできます。

タイヤはミシュラン パイロットスポーツ カップ2。軽量な鍛造ホイールは20インチです。
制動力は強力かつ軽量なセラミックブレーキで確保されています。

目次に戻る

パワートレイン

Audi R8 Coupe V10 GT RWD Engine

5.2リッター・V型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最高出力620ps、最大トルク565Nmを発生します。
搭載される7速デュアルクラッチトランスミッションは、シフトチェンジが高速化され、ギア比も変更されています。駆動方式は後輪駆動(RWD)です。

パフォーマンスは、0-100km/hが3.4秒、0-200km/hが10.1秒。最高速は320km/hです。

RWDモデルということで、R8 GTにはトルク・リア・ドライブモードというものが用意されています。これはリアアクスルのスリップをトラクションコントロールで制御するもので、ESCの機能の一部のようです。7段階に調整でき、レベル1ではリアタイヤは滑らず、レベル7だと大きく滑るようになります。

目次に戻る

価格・発売日

ドイツ本国での価格は225,000ユーロからとなっています。記事執筆時点のレート(1ユーロ=143.42円)で日本円に換算すると、およそ3227万円です。

R8クーペ V10 GT RWDは、333台の限定生産となります。デリバリーは2023年に開始予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク