テスラ・モデル3正式発表! 航続距離や価格、画像などまとめ

2017年7月29日他メーカーの新車情報, 新車情報EV, テスラ・モデル3

テスラ・モデル3が、ついに正式発表されました。
スペックと画像を、早速見ていきましょう。

Related Posts

モデル3のボディサイズ

寸法
全長(mm) 4694
全幅(mm) 1849
全高(mm) 1443
スタンダードの車重(kg) 1610
ロングレンジの車重(kg) 1730

スタンダードとロングレンジというのは、バッテリーの種別です。
航続距離が長くなるロングレンジバッテリーはオプションで、9000ドルで追加できます。

目次に戻る

モデル3のエクステリア

デザインは以前から公開されていたので、別段驚きは無いですね。
でもどこから見てもテスラだとわかるデザインは流石です。

目次に戻る

モデル3のインテリア

ミニマリズムの極地みたいなデザイン。
シートはファブリック。
巨大なタッチスクリーンは15インチ。
リアシートは60:40の分割可倒式。
グラスルーフは紫外線&熱線カット。

12ウェイパワーシートやシートヒーター、ウッド装飾、グラスルーフ、プレミアムオーディオシステムなどは、+5000ドルのオプション「プレミアムアップグレードパッケージ」に含まれます。

目次に戻る

モデル3の航続距離・動力性能

項目 スタンダード ロングレンジ
航続距離(km) 352 496
S/Cでの充電 208km/30分 272km/30分
240V電源での充電 48km/60分(32A) 59km/60分(40A)
0-96km/h(秒) 5.6 5.1
最高速(km/h) 208 224

航続距離は米国EPA方式で計測されたものなので、実走行時の数値に限りなく近いはずです。
よってスタンダードバッテリーでも、日常生活で使う分には十分な航続距離だと言えます。

テスラ社の充電ステーション「スーパーチャージャー(S/C)」を用いれば、30分で6割弱の容量を充電可能なのも嬉しいですね。

0-96km/h(0-60mph)が速いのは、さすが電気自動車ですね。
スポーツカー並の加速性能を持つエコカーというのは、やはり魅力的です。

目次に戻る

モデル3の安全装備・自動運転

自動運転に力を入れているテスラは、当然のことながら、車両の周囲の状況をモニタリングする技術に卓越しています。
モデル3は8つのカメラ、12個の超音波センサー、そして前方レーダーによって、衝突回避システムとプリクッシュブレーキを適切に作動させます。

強化されたオートパイロット(+5000ドル)を装着すれば、交通の流れに合わせてスピードを調整し、レーンキープもしくは自動でレーンチェンジし、自動で高速道路に利用し、乗員を目的地まで運んでくれます。
また、将来的には+3000ドルで、完全な自動運転能力が付与される予定です。

6つのフロントエアバッグと、2つのサイドエアバッグにより、パッシブセーフティも充実しています。
もちろんABSやトラクションコントロールなど、基本的な安全装備もバッチリです。

目次に戻る

モデル3の価格・発売時期

航続距離220マイル(352km)仕様の価格は、35,000ドルです。
1ドル=110円換算だと、385万円ですね。

航続距離を伸ばすオプションを装着した310マイル(496km)仕様の価格は、+9000ドルの44000ドルとなっています。
484万円と、こちらはやや高めの価格設定です。

最初の30人(テスラ社の従業員とのこと)への引渡しは、米国時間の7月28日に行われました。
しかしその他予約者への納車は、2017年の秋からになるとのこと。
モデル3の生産は今後2次曲線的に加速していくそうなので、納車にかかる時間は短くなっていくでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath