BMWの新車情報 新車情報

BMW新型M5はゴージャスなランエボ!? ハイパワーターボ+4WD+軽量ボディで、戦闘力大幅アップ!【8/22更新】

更新日:

BMW新型M5(F90型)が、ついに正式発表されました。

今回は新型M5の画像とスペックについてお伝えします。

更新情報

正式発表された画像を追加し、スペックを更新しました。(2017/08/22)

sponsored link


新型M5の画像

新型M5(F90)のエクステリア

パッと見は普通の5シリーズにしか見えないが……。
フロントバンパーはかなりアグレッシブな造形に変更されている。
サイドのシルエットは完全に普通のセダンだ。
巨大なブレーキキャリパーを見れば、この車のポテンシャルが窺い知れるというもの。
カーボンルーフで軽量化されている。
リアスポイラーは、ガーニーフラップのように小さいものがついているだけ。
4本出しマフラーだけが、M5であることを主張している。

使い古された言い回しですが、「羊の皮をかぶった狼」とは、まさに新型M5のためにあるような言葉だと思います。

新型M5(F90)のインテリア

上質で「筋肉質」なインテリア。
Mスポーツステアリング。赤いボタンがアクセントになっている。
この赤いMボタンで、運転モードを選択できる。
8速ATはMドライブロジック付き。
サポート性も座り心地も良さそうなシートだ。

ラゲッジスペース容量は530リッターとなっています。

目次に戻る

新型M5(F90)のボディサイズ

寸法(mm) F90 F10
全長 4965 4910
全幅 1903 1891
全高 1473 1456
ホイールベース 2982 2969

全体的に新型M5(F90)の方が大きくなっています。
にもかかわらず車重は軽くなっているのですから、技術の進歩には驚かされますね。

目次に戻る

新型M5(F90)のシャシー

軽量化によって、新型M5は旧型よりも65kg軽くなると言われています。

アルミボンネット、カーボンルーフ、ラゲッジスペースに設置されたリチウムイオンバッテリー、そして軽量なエキゾーストシステムなどにより、新型M5(F90)は旧型(F10)より、25kgも軽くなりました
新型5シリーズに採用された軽量プラットフォーム「CLAR(Cluster Architectureの略)」の影響も大きいはずです。

軽量化されただけでなく、剛性もアップしています。
こちらもCLARの貢献が大きいのですが、リアアクスルにはアルミ製のブレースとストラットタワーバーが追加されました。
サスペンションリンケージの剛性を高めるための措置です。

標準のホイールは19インチで、タイヤはフロント:275/40、リア:285/40となります。
オプションの20インチホイールを選択した場合には、フロント:275/35、リア285/35です。

M xDrive(4WD)

新型M5は、ついに4WD(xDrive)になりました
増大したパワーに対し、後輪駆動ではトラクションが不足するためでしょう。
基本的には後輪を駆動し、後輪のスリップを検知した際に前輪へとトルク配分される仕組みとなっています。
日産GT-RのアテーサE-TSみたいなものですね。

しかし「テールスライドを楽しみたい」というドライバーのために、2WDモードも用意されています。

例えば「Mダイナミックモード」を選択すると、後輪のスリップ検知の閾値が増え、グリップがほとんど破綻しかかったときのみ前輪へとトルク配分するようになるそうです。
これによりMダイナミックモードでは、ほとんど2WDとして振る舞うとBMWは主張しています。

フォード・フォーカスRS Mk3の登場以降、「4WDで安全にドリフト」というのが定番化しつつある。

M3やM4に搭載されている電子制御LSD(リミテッド・スリップ・デフ)も装備されているようです。
カーボン・クラッチ・ブレードにより、よりハイレスポンスなトルク・ベクタリングが可能となっています。

新型M5のアダプティブダンパーも、新しいものに変更されました。
カスタマイズ可能な「Mサーボトロニックステアリング」と共に、コンフォート、スポーツ、スポーツプラスの3つのモードを選択できます。

目次に戻る

新型M5(F90)のエンジン

エンジンは4.4リッター・V8ガソリンツインターボを搭載します。
最高出力600ps最大トルク700Nm750Nmという、M5にふさわしいハイパワーユニットです。
最大トルクは1800rpmから発生するので、街乗りでも運転しやすそうですね。

トランスミッションはZF製の8速ATとなります。
DCTではないので少し拍子抜けですが、それでも静止状態から3.4秒で、100km/hに到達可能です。

最高速は248km/hですが、これは電子制御リミッターが作動するためで、新型M5の限界を示すものではありません。
ドライバーズ・パッケージ」というオプションを選択すると、最高速を304km/hに引き上げることが可能です。

この8速ATには、3つのモードを備えた「Mドライブロジック」が搭載されています。

  • モード1: 快適性と効率性を重視したモード。
  • モード2: より高速で活発なドライビングに最適化されたモード。
  • モード3: サーキット専用モード。

ドライバーはシチュエーションに合わせて、これら3つのモードから選択可能です。

燃費は9.62km/Lと発表されましたが、おそらくNEDC(New European Driving Cycle)基準の数値なので、実燃費はその8割程度だと思われます。

目次に戻る

新型M5の価格・発売時期

英国での開始価格は75,000ポンドだと言われています

英国価格は89,640ポンドと発表されました。
1ポンド=140円換算だと、およそ1255万円ですね。
英国価格でも、F10型より値上げとなったそうです。

現行M5の日本価格が1566万円なので、新型M5は1600万円程度になると思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-BMWの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.