テクノロジー・業界分析 批評

人手不足解消に自動運転車で宅配!? ドミノピザの新たな挑戦!

更新日:

あなたはピザーラ派ですか? それともドミノピザ派?
もしくはピザハット派もいるかもしれませんが、筆者はドミノピザをよく利用します。
クーポン等の値引きが充実しているので、ついついドミノに引き寄せられてしまうのです。

そのドミノピザがフォードとタッグを組み、自動運転車でピザを宅配するという実験を開始します。
日本ではなくアメリカ・ミシガン州での話ですが、実験とはいえ、ついに自動で宅配が行われる時代がやってきたわけです。

今回はドミノピザとフォードが行う実験内容の詳細と、自動運転車による宅配がもたらす未来についてです。

sponsored link


自動運転車によるピザ・デリバリー

宅配に使われる車両は、フォード・フュージョンです。
NASCARにも参戦している(ガワだけですが)ので、ご存知の方も多いでしょう。
ちなみにこのデリバリー用のフュージョンを製作したのも、NASCARに参戦しているRoush Enterprisesだったりします。

ピッツァ・エクスプレスとなるフォード・フュージョンのリアシートには、ピザを温かいまま保つ「ヒートウェーブ・ストレージ・コンパートメント」が設置されています。
ドミノピザの従業員はリアウィンドウを下ろして、焼き立てのピザが入ったパッケージを、コンパートメントの上に置くだけでOKです。
後は自動運転車が勝手に運んでくれます。

スタッフはリアウィンドウの中にピザのパッケージを置くだけ。

顧客はどのように受け取るのか?

ピザを注文した顧客は、自分のピザを運んでいる自動運転車の現在位置を、スマートフォンアプリで追跡できます。

そうして自宅までピザが運ばれてくると、スマートフォンアプリにキーロックの解除コードが送られてくるので、フォード・フュージョンのCピラーに設置されているタッチパネルを操作し、解除コードを入力します。

するとリアウィンドウが下りて、中にあるピザを取り出せる仕組みです。

顧客が家の外に出なければならないため、雨の日などはちょっと面倒くさそうですが、意外と手軽に利用できそうですよね。

目次に戻る

自動運転車による宅配がもたらす未来

日本ではピザの価格が高いです。
海外と比べても明らかに高い。
なぜ高いのでしょう? ちょっと調べてみました。

「宅配ピザの原価率は10~20%。しかし、だからといって値段を安くするとオーダーが入りすぎてしまい、デリバリーできない」

とフードコンサルタントの白根智彦氏。宅配ピザの場合、デリバリースタッフを常に待機させておかなければならないため、何もしなくても人件費がかさむ。

デリバリーを効率よく回せる“ほどほどの注文数”が一番儲かるわけで、決して安くない価格設定はそのためなのだ。

週刊ポスト2013年1月25日号 via news.livedoor.com

外食産業のデフレが相変わらず止まらない中で、宅配ピザの値段は決して安くない。それでも宅配ピザが値崩れしないのは、デリバリーの人件費が意外と高くかかるからである。

「利益を出すためには配達にかかる人件費を売り上げの15~20%程度に抑えなければならない。そうなると時給1000円前後のアルバイトには1時間で平均6000~7000円を売り上げてもらわなければなりません。1軒1枚ずつだと1時間に3軒回らないと利益が見込めないということです」(大手ピザチェーン関係者)

牛丼チェーンのように一人のアルバイトが1時間で何十人もの客をさばくことが不可能な業態ならではの悩みだ。

SAPIO2014年1月号 via news-postseven.com

まとめると、

  1. デリバリースタッフを常に待機させておく必要がある
  2. そのためデリバリーの人件費がかかる
  3. でもオーダーが入りすぎるとデリバリーしきれない
  4. しかし枚数を売らないと利益を出せない
  5. そこで価格を高く設定し、「利益が出て」かつ「デリバリー可能な注文数」に抑えている

ということになります。

自動運転車による宅配で、激安宅配ピザの時代到来!?

自動運転車でピザを宅配しても、デリバリースタッフの代わりに車両を用意しなければならないので、イニシャルコストは今まで以上にかかるようになるでしょう。
また、オーダーが入りすぎるとデリバリーしきれないという問題もそのまま残ります。

しかし自動運転車なら、注文を待つ間に発生していた、デリバリースタッフの人件費はかかりません
また、バイトを雇うために求人広告を出したり、労務管理する手間も省けます。

つまり自動運転車で宅配すれば、確実にコストを減らせるのです。
激安宅配ピザが登場するのも、そう遠いことではないでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-テクノロジー・業界分析, 批評
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.