Mercedes-Benzの新車情報 新車情報

メルセデス・ベンツ新型GLSのスパイショット ファーストクラスSUVがフルモデルチェンジ!【12/3更新】

更新日:

メルセデス・ベンツの3列シートSUVであるGLSが、フルモデルチェンジされます。
2代目GLSの開発車両を見るかぎり、初代よりもボディサイズが大型化されているようです。
BMW X7アウディ Q8の対抗馬である新型GLSは、ライバルに負けない堂々たる体躯を誇っています。

今回は新型GLSのスパイショットと、最新情報をお伝えします。

更新情報

最新のスパイショットを追加しました。(2017/12/3)

sponsored link


メルセデス・ベンツGLSとは?

かつて生産されていた、GLクラスの後継車種です。
2代目GLクラス(X166型)がマイナーチェンジされる際に、GLSクラスと改名されました。
つまり2代目GLクラス=初代GLSクラスです。

GLSクラスはその名の通り、SクラスのSUV版という位置付けになっています。
メルセデスは「ファーストクラスSUV」というキャッチコピーを使用しているほどです。

現行のX166型は、海外では2012年下半期に登場した車種であるため、
来年で6年目──つまりフルモデルチェンジの時期──を迎えます。
公道テストを行う開発車両が目撃されたということは、開発も佳境に差し掛かっているということでしょう。

目次に戻る

新型GLSのエクステリア

スパイショット

開発車両は分厚いダミーパネルに覆われている。
ボンネットの長さはわかるが、ボンネットの高さはダミーでわからない。
7人乗りでファーストクラスの快適性を実現しようとすると、ボディを大きくするしかない。
リア周りも厚ぼったいダミーパネルに覆われている。
テールランプなどもダミー。

画像の出典: autoevolution.com

最新のスパイショット

以前のスパイショットよりも擬装が少なくなった。
圧倒的な存在感。
ボクシーなスタイリングがかっこいい。
テールランプはやっぱりダミーのまま。

目次に戻る

新型GLSの概要

シャシー

まず、ボディサイズが拡大されることは確実です。
ファーストクラスSUVが、さらに快適になることは間違いありません。

しかし新型GLSには最新のMHAプラットフォームが採用されるため、現行型よりも軽量化されると見られています。
ボディサイズが大きくなるにも関わらず、逆に軽くなるのですからすごいですよね。

エンジン

主力となるのは直列6気筒ターボです。
ディーゼルとガソリンの両方が用意されます。
その中でもっともローパワーなモデルはGLS350d(290ps)となるでしょう。
さらに直6モデルには、48Vのマイルドハイブリッドが装着される予定です。

GLEクラスだとAMG以外にV型8気筒モデルは存在しませんが、新型GLSクラスはGLS560(475ps)にV8が採用されます。

また、AMG GLS63には、よりハイパワーなV8エンジン(620ps)が搭載されるでしょう。

V型12気筒を搭載したGLSも追加されるかもしれませんが、そちらはマイバッハブランドになるとの噂もあるようです。

トランスミッション

現行型と変わらず、9速オートマチックが装備されます。
しかし駆動方式は4MATIC(4WD)ですが、現行型のようにFRが用意されるかどうかは不明です。

目次に戻る

新型GLSの価格・発売時期

価格はまだ判明していません。
現行型GLSの新車価格は1070〜1500万円ですから、新型も同価格帯になるでしょう。
ハイブリッドのグレードは、ちょっと高めに設定されるかもしれません。

発売時期は2019年になると言われています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-Mercedes-Benzの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.