トヨタの新車情報 新車情報

次期プリウスαはSUV!? プリウス顔のSUVがニュルを疾走!

更新日:

プリウスα(海外名はプリウス+またはプリウスV)の次期型らしきテストカーが、ニュルブルクリンクに姿を現しました。
ところがテストカーはSUV風のルックスをしていて、既存のプリウスαとは似ても似つかぬものだったのです。

今回は新型プリウスαのスパイショットと、最新情報についてお伝えします。

sponsored link


プリウスαとは?

プリウスα(2015年モデル)

画像の出典: By TTTNIS (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

現行型は30プリウスのホイールベースを80mm延長したステーションワゴン(5人乗り)、もしくは背の低いミニバン(7人乗り)という位置付けのモデルです。
プリウスの派生車種として、実用性を高めたものとなっています。

販売台数は、2012年にはハッチバックの半分ほどだったようですが、その後徐々に減っているようです。
SUV人気が高まる一方なのに対し、ステーションワゴンは風前の灯ですから、仕方がないのかもしれません。

だからこそ、次期プリウスαがSUVとなる可能性が高いのです。

目次に戻る

新型プリウスαのエクステリア

スパイショット(2017年10月撮影)

正面から見ると、明らかにプリウス顔だ。
ハッチバックよりもこの顔つきが似合っている気がする。
横からみると完全にSUVだ。ノーズから後ろはレクサスNXだと言われている。
現在は傾斜のついたスポーティーなテールゲートだが、市販車では実用性を重視したものになるはずだ。
ネコも杓子もSUVなご時世。C-HRがあれほど売れているので、仕方がないのかも。

画像の出典: autoevolution.com

SUV風のボディで登場した新型プリウスαのテストカーですが、どうやらボディはレクサスNXのものを流用しているようです。

なので新型プリウスαの市販バージョンでは、リア周りが大幅に変更されると思われます。
テストカーの仕様はあくまで暫定、ということです。

とはいえ新型プリウスαがSUVと全く関係ないのであれば、そもそもSUVのボディを使うはずがありませんから、次期プリウスαは、クロスオーバーSUV風のルックスになる可能性が高いでしょう。

目次に戻る

新型プリウスαのシャシー

50プリウスと同じく、トヨタ・ニュー・グローバル・プラットフォーム(TNGA)が採用されます。
軽量・高剛性・低重心でありながら、多くのモデルとの部品共有化を可能にするモジュラー構造を持つこのプラットフォームは、トヨタの「いいクルマづくり」の根幹をなすものです。

背の高いSUVだと、コーナリング時の車体の不安定さが気になりますが、TNGAが採用されたC-HRのハンドリングは良好でした。
よって新型プリウスαがクロスオーバーSUVとなったとしても、TNGA由来の運動性能は健在だと思います。

目次に戻る

新型プリウスαのパワートレイン

エンジンやモーターに関しては、50プリウスと同じものが搭載されます。

すなわち1.8リッター・直列4気筒ガソリン自然吸気の「2ZR-FXE」エンジンと、モーターおよびリチウムイオン電池を組み合わせたものです。

50プリウスからはモーターで後輪を駆動する「E-Four」と呼ばれるシステムが採用されましたが、新型プリウスαにも搭載されるかもしれません。
SUV風のルックスで4WDが無いというのも、ちょっと奇妙な感じがしますからね。

目次に戻る

新型プリウスαの価格・発売時期

価格はまだ判明していません。

ワールドプレミアは2018年、発売はモデルイヤー2019(2018年下半期〜2019年上半期)になると見られています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-トヨタの新車情報, 新車情報
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.