マツダの新車情報 新車情報

魁 コンセプトとヴィジョン・クーペ マツダの未来を示す2台のコンセプトカー

更新日:

マツダ東京モーターショーに出展するコンセプトカー2台を公開しました。

魁 CONCEPT(カイ・コンセプト)は、次期アクセラと思われるコンセプトカーです。

一方、VISION COUPE(ヴィジョン・クーペ)は、新たなエレガンスを表現するためのモデルということですが、4ドアクーペなので、次期アテンザのベースになるかもしれません。

今回は魁コンセプトヴィジョン・クーペという、2台のコンセプトカーについてお伝えします。

sponsored link


魁 CONCEPT

魁コンセプトは、量産車としては世界初のセミHCCIエンジン「SKYACTIV-X」や、次世代プラットフォーム「SKYACTIV-Vehicle Architecture」を採用し、さらに深化した魂動デザインを施した、マツダの次世代ラインナップの魁(さきがけ)となるモデルだそうです。

新しい魂動デザインは、光の繊細な動きを表現しています。
なのでボディサイドには、これまでの魂動デザインのように、明確なキャラクターラインはありません。

その代わり光が当たると、光と影が波紋のようなコントラストを生み出し、非常に印象的な色彩を見せてくれます。

目次に戻る

VISION COUPE

ヴィジョン・クーペも魁コンセプトと同様に、シンプルな面構成となっています。

ヴィジョン・クーペが表現するのは「新しいエレガンス」であり、それは日本的美意識を突き詰めた「引き算の美学」だそうです。

ボディサイドのスペースを「余白」と捉え直し、その余白で風景を切り取ることで、車に躍動感を与えています。
これまでの魂動デザインとは異なり、車はあくまで光や風景を映し出す存在として、背景に引いているのが興味深いですね。
自動車というのは公共デザインの一部なので、マツダの考え方は決して奇抜なものではなく、むしろ保守本流といえるでしょう。

インテリアは日本的な感じがハッキリと出ていますね。
直線的な部分がどこにも無く、自然の風景をイメージさせるようなデザインになっています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-マツダの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.