スバルの新車情報 新車情報

スバル VIZIVパフォーマンスコンセプト 次期WRX!? 頼むからこのまま出してくれ!

更新日:

スバルが東京モーターショーに出展するVIZIVパフォーマンスコンセプトを公開しました。
次期WRXの基礎となるコンセプトカーのようです。

sponsored link


VIZIVパフォーマンスコンセプトの概要

エクステリア

次世代スポーツセダンと銘打たれたVIZIVパフォーマンスコンセプトは、WRX STIをイメージさせるような、アグレッシブなエクステリアを有しています。

フロントスプリッターやフェンダー、リアディフューザーなどはカーボンパーツになっているようで、非常にレーシーな印象です。
六角形のフェンダーは力強いイメージで、SUBARU AWDの生み出す強大なトラクションが、上手く表現されていると思います。

4本出しマフラーも大迫力です。
LEDテールライトは、現行のインプレッサXVとは異なり、非常にシンプルなデザインになっています。

ボディサイズ

全長4630mm全幅1950mm全高1430mmホイールベースは2730mmです。
全幅がちょっと広すぎるので、市販化のときにはもう少し幅が狭くなるでしょう。

エンジン

高性能なボクサーエンジンが搭載されるということ以外、明らかにされていません。

スバルは2019年に1.8リッター直噴ターボを、2020年には1.5リッター直噴ターボを導入し、エンジンのダウンサイジングを進める計画を立てています。
もしかすると次期WRXは、1.8リッターターボになるかもしれません。

また、プラグインハイブリッド(PHEV)も2018年ごろから導入される予定ですから、パフォーマンスを引き上げるために、次期WRXがPHEV化される可能性もあります。
WRX STIがPHEV化されるという噂は以前からあるので、荒唐無稽な話というわけではありません。

自動運転

VIZIVパフォーマンスコンセプトには、EyeSightをさらに発展・進化させた、自動運転技術が搭載されているという設定になっています。

スバルはすでにカリフォルニアで自動運転車の公道テストを行っており、2020年には市販化される予定です。

VIZIVパフォーマンスコンセプトが次期WRX STIだとすると、自動運転というのは何だか違和感がありますよね。
WRX STIは、モータースポーツのために生み出されたモデルですが、今後はスバルの最新技術のショーケースという扱いに変わっていくのかもしれません。

目次に戻る

頼むからこのまま出してくれ

スバルはこれまでもコンセプトカー詐欺を繰り返してきました。
現行のWRXが出たときには、コンセプトカーとのあまりの違いに心底落胆したので、新型ではそうならないよう祈っています。
VIZIVパフォーマンスコンセプトは市販できそうな形の車になっているので、おそらく大丈夫だと思うのですが……。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-スバルの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.