スバル車の評価・口コミ 評価・口コミ

新型インプレッサの燃費・価格・性能の評価 この車は下克上を起こす

sponsored link

2016/11/11

subaru-impreza-2017-eyecatch-2

新型インプレッサが各所で絶賛されています。上級車種であるレヴォーグが形無しになりそうな勢いです。それほどに性能と質感が高い新型インプレッサは、まさに「クラスレス」な車といえますが、それはスバル側も想定していたとのこと。

プロダクトジェネラルマネージャーの阿部一博氏によれば、一時的な下剋上の関係になるということだが、つまりは上級の『レガシィ』などよりもインプレッサの方が上質で高い運動性能を持つクルマに仕上がるから。

response.jp

レガシィよりも上質というのはスゴイですね。下克上の原動力は、新たに導入された「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」だと思われますが、それら先代モデルからの変更点や詳しい比較に関しては、新型と旧型のインプレッサを比較 何がどう変わった?をご覧ください。

sponsored link

新型インプレッサの価格に関する評価

新型インプレッサの価格(暫定)
グレード駆動方式価格(¥)
1.6i-L EyeSight2WD1,922,400
4WD2,138,400
2.0i-L EyeSight2WD2,160,000
4WD2,376,000
2.0i-S EyeSight2WD2,376,000
4WD2,592,000

この他に各グレードには「ブラックレザーセレクション」という特別仕様が用意されており、+17万円ほどで8way本革パワーシートが装着できます。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b7

画像の出典: subaru.jp

ツイッター等の声を集めてみると、「高くなった」「値上がりした」というマイナス評価と、「予想以上に安い」「貧乏でも買える」などというプラス評価が半々でした。

価格に対する評価が分かれた理由

装備内容を考えると、新型インプレッサはさほど値上がりしていません。現行型が安く感じるのは、アイサイト無しのモデルがあるからです。

たとえば現行型の「1.6i-L EyeSight」の価格は、208.4万円です。アイサイト付きのモデルで、これ以上に安い現行型インプレッサはありません。

しかも現行型1.6i-Lはマニュアルエアコンです。サイド&カーテンエアバッグも、4WD車にしか標準装備されません。

一方、新型インプレッサの「1.6i-L EyeSight」には、フルオートエアコン、サイド&カーテンエアバッグに加え、ニーエアバッグまでもが標準装備されます。割安になっているのです。

でも装備内容の差を知らないと、高くなったように感じてしまうのも無理はありません。

目次に戻る

新型インプレッサのデザインに関する評価

なんということでしょう(あの番組風)スバル車の外観が褒められる日が来るなんて……夢じゃないよね?(ほっぺたグイー)

冗談はさておき、これまでスバル車のデザインは散々批判されてきました。この車知楽でも批判してきました。

新型インプレッサコンセプト発表! でももうダマされないぞ!

新型インプレッサは、やっぱりブサイクになっちゃうの?

【悲報】新型インプレッサ、やはりダサくなる模様

新型インプレッサがアメリカで発表された際は「うわ、かっこわる」「またコンセプトカー詐欺か!」と思ったのですが、その後ヘッドライトのホークアイが強調されたデザインとなり、だいぶかっこよくなりましたね。

もちろん新型インプレッサのデザインが気に入らないという人もわずかながら存在しますが、ほとんどの意見は好意的なものです。新型インプレッサはかっこいい!と言い切ってしまいましょう。

目次に戻る

新型インプレッサの燃費に関する評価

発売前なので実燃費のデータがありません。なので後日情報を追加する予定ですが、アメリカ・EPA燃費は2.0L・4WDモデルで38mpg(16.2km/L)となっています。

JC08でも16.8km/Lですから、新型インプレッサは実燃費が良い車なのかもしれません。ボディサイズが大型化されていることを考えると、実質的には燃費が向上しているといえるでしょう。

2016年11月8日追記

試乗した人たちのユーザーレビューが出始めたので、実燃費のデータも集まってきました。総合すると、10〜13km/L前後のようです。15km/Lいったという情報もありましたが、ちょい乗りだと7〜8km/Lまで悪化することもあるようです。

目次に戻る

新型インプレッサの性能に関する評価

実際に試乗したモータージャーナリストのレビューから、気になった部分をピックアップ(順不同,敬称略)してみました。ただし試乗車両はプロトタイプです。

(17インチ仕様だと)ターンインでタイヤの横剛性が不足気味で、腰砕けになる印象があり、スピードを上げるとアンダーステア必至という印象を受け、すぐに軽く、タイヤが泣き出してしまう。

中村孝仁 via response.jp

18インチ仕様はただでさえクイックなハンドリングがさらに俊敏になったように感じられ、より応答遅れなくステアリング操作にクルマがついてくる感覚となる。

岡本幸一郎 via car.watch.impress.co.jp

17インチタイヤを装着した2.0i-Lアイサイト、18インチの2.0i-Sアイサイトを比べると、乗り心地まで含めてバランスが良いのは前者だ。

渡辺陽一郎 via autoc-one.jp

インテリアも質感を大幅に高めており、この点で先に一歩踏み込んだ展開を図った「スバル レヴォーグ」を、さらに上回る内容とした。それだけに少し心配になるほどだ。

河口まなぶ via autoc-one.jp

乗り味はまず走行振動が抑えられたしっとり系。サイクルスポーツセンターは、路面の凹凸が少なくとっても綺麗なこともあるが、無駄なところが動かずに上質に走る印象で、この世界観は兄貴分のモデルを喰う車格超えのレベル。

五味康隆 via carview.yahoo.co.jp

ネット上ではMTが廃止されたことを嘆く声が多かったです。最近はMT回帰の流れがあるので、マイナーチェンジの際には追加して欲しいですね。

また、拡大したボディサイズを懸念する声もありました。最小回転半径は変わっていないとはいえ、日本で使うならもう少し小さい方がいいという声には頷けます。

ただ、新型インプレッサのミラーまで含めた車幅は、実は現行型と変わっていません。また、スバル車は伝統的に見切りが良くて取り回ししやすいのですが、新型インプレッサもその伝統を受け継いでいるみたいなので、扱いづらいということはないと思います。

目次に戻る

新型インプレッサのユーザー評価・口コミまとめ

以下は新型インプレッサに関するネット上のユーザーレビューをまとめたものです。納車が始まっていないので試乗レビューとなります。また、試乗車がハッチバックのみのようで、G4セダンに関するレビューは含まれていません。今後情報が集まり次第、この項に追記します。ご了承ください。

エクステリア

新型インプレッサのエクステリア 良い点

  • レヴォーグのような背高感が無くスポーティーに見える。やや大人しめだが飽きがこなそうなデザイン。
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88

    画像の出典: car.watch.impress.co.jp

  • サイドのうねりのあるデザインがかっこいい
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99

    画像の出典: autoc-one.jp

  • リアビークルディテクションの警告シグナルが、ミラー内からサイドミラーの枠部分に移されて見やすくなった。
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%86%e3%82%af%e3%82%b7

    画像の出典: subaru.jp

新型インプレッサのエクステリア 悪い点

  • バンパーデザインの迫力がイマイチ
  • ウインカーが電球
  • テールランプのデザインがゴチャゴチャしている
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%83%aa%e3%82%a2

    画像の出典: autoc-one.jp

  • ドア開閉音がチープ

目次に戻る

インテリア

新型インプレッサの内装 良い点

  • インプレッサらしくなく洗練された内装
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2

    画像の出典: autoc-one.jp

  • シート表皮が滑りづらいので座りやすい
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88

    画像の出典: www.webcg.net

  • 太めのステアリングは握りやすい
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99

    画像の出典: car.watch.impress.co.jp

  • 操作系の質感が高い
  • 純正スピーカーの音が良くなった
  • 後部座席が広い
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88

    画像の出典: webcg.net

  • ラゲッジスペースと開口部との段差が小さいので、積み下ろしがしやすい。
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%83%a9%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%b9%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

    画像の出典: autoc-one.jp

新型インプレッサの内装 悪い点

  • チープさはまだまだ残っている
  • 液晶ディスプレイが3つもあるので、どこに何が表示されるのかわかりづらい。
  • 液晶ディスプレイに表示される情報がゴチャゴチャしている。
  • %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5-%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3
    インパネ上部にある6.3インチのマルチファンクションディスプレイ

    画像の出典: car.watch.impress.co.jp

  • スイッチ類が多すぎる
  • ステアリングボタンが煩雑
  • 本革ステアリングの触感がイマイチ。乾燥した感じで安っぽい。
  • パナソニックのビルトインナビでないと隙間ができてしまう
  • 後席のシートバック(背面部)が短め
  • ラゲッジスペースがやや狭い

目次に戻る

エンジン・実燃費

新型インプレッサのエンジン・実燃費 良い点

  • 1.6Lでも必要十分
  • 2.0Lは十分なトルクがある。水平対向エンジンならではのフィーリングも楽しめる。吹け上がりも滑らか。
  • リニアトロニックのダイレクト感はかなり増した。制限速度までスムーズに加速できる。

新型インプレッサのエンジン・実燃費 悪い点

  • 期待したほど燃費がよくない。実燃費は10〜13km/L前後。
  • 自然吸気なので加速感はそこそこ。100km/h超の速度域は辛い。

目次に戻る

ハンドリング・取り回し

新型インプレッサのハンドリング・取り回し 良い点

  • スバル車らしく前方の見切りが良い
  • L(17インチモデル)の2WDは軽快
  • S(18インチモデル)の4WDはスポーティーで安定感がある

新型インプレッサのハンドリング・取り回し 悪い点

  • 車体デザインのせいで後方視界が悪くなった

目次に戻る

乗り心地・静粛性

新型インプレッサの乗り心地・静粛性 良い点

  • ボディ剛性が高い
  • サスペンションがよく仕事している感じ。18インチでも乗り心地がソフトで滑らか
  • 静粛性がかなり高い

新型インプレッサの乗り心地・静粛性 悪い点

  • 跳ねはしないが硬めの足回りなので、フニャフニャ足の車からの乗り替えでは不満がでるかも。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしければ以下の関連記事もご覧ください

sponsored link

Category: スバル車の評価・口コミ, 評価・口コミ
Tag: , ,

戻る