F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年4月19日) ホンダとトロロッソ、共同で不調の原因を究明中

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ホンダとトロロッソ、共同で不調の原因を究明中
  • サインツはルノーに完全移籍するかもしれない
  • ウィリアムズ「予算制限が導入されなければ会社をたたむ」

それではご覧ください。

sponsored link


ホンダとトロロッソ、共同で不調の原因を究明中

バーレーンGPでは間違いなく4番目に速いマシンだったトロロッソSTR13ですが、中国GPでは最下位争いする体たらくでした。

上海国際サーキットはロングストレートがあるので、ホンダのパワーユニット(PU)のパワー不足が原因かと筆者は思ったのですが、ブレンドン・ハートレーの最高速はトップ5に入るほど速かったので、その可能性は無さそうです。

ストレートが速かったということは、ウイングを立ててダウンフォースを増やす余裕があったということでもあります。
よってトロロッソ側としては、ダウンフォースは足りていると判断したのでしょう。

しかしドライバーたちは、終始グリップの不足を訴えていました。
何らかの理由で、タイヤを機能させられなかったのです。
ちなみに気温の低かった予選でも、逆に暖かった決勝でも、トロロッソはタイヤを上手く使えなかったわけですから、タイヤ側の問題ではないでしょう。
まさに「原因不明」というより他ありません。

ホンダF1のテクニカル・ディレクターを務める田辺豊治氏は、「トロロッソ・ホンダのパッケージが、中国GPの結果をもたらしたのだと思う」と、自身の見解を述べています。

「私はそれ(原因)が、シャシー側にあるのか、それともPU側にあるのかはわかりません。だからわれわれは原因を理解するため、共に調査する必要があります」

「中国で何が起きたのか、バーレーンで何が起こったのか、そして中国やバーレーンで『なぜ』それが起こったのかを分析し、われわれは将来の計画を立てるでしょう」

PUの信頼性に関しては、これまでのところデータ上の異常は確認されていないそうですが、パフォーマンスが安定しないことには意味がありません。
アゼルバイジャンまでには何とか原因を突き止めてもらいたいですね。

Honda to investigate varying form with Toro Rosso | racer.com

目次に戻る

サインツはルノーに完全移籍するかもしれない

現在はルノーのステアリングを握るカルロス・サインツですが、契約上はレッドブルからのローンということになっています。

マシンの戦闘力はレッドブルの方が上なものの、サインツは古巣に戻らない可能性もあることを示唆しています。

「確かに将来はルノーとなる可能性がある」とサインツ。「そうなったときの準備もできている」

「そうなったらいいなと思っている。チームが前進しているからね。投資が始まり、すべてのメカニックとエンジニアがその影響を感じているんだ」

レッドブルのダニエル・リカルドが移籍するか否かが、サインツの将来に関わってくるでしょう。
もしリカルドが契約を延長しないのならば、レッドブル・レーシングのシートを得るチャンスが出てきます。
逆の場合は、ルノーに腰を落ち着けるでしょうね。

Carlos Sainz says future could be with Renault despite Red Bull loan | skysports.com

目次に戻る

ウィリアムズ「予算制限が導入されなければ会社をたたむ」

中堅チームの財政状況は厳しさを増しています。
F1自体の人気が低迷しており、スポンサーを見つけにくい状況だからです。

F1のオーナーであるリバティ・メディアは、2021年以降のチーム予算を、一律1億5000万ドル(およそ160億円)に制限しようとしています。
フェラーリメルセデスは反対していますが、それ以外のチームにとっては福音です。

「私の視点から見ると、もし予算制限が導入されないのであれば、ウィリアムズは会社全体をたたむでしょう」と語るのは、チームの副代表であるクレア・ウィリアムズです。

「(予算制限案が発表されたバーレーンでは)私はそれについて非常に肯定的でしたが、否定的な人も何人かいました」

「予算制限が上手く行くことは、私たちにとって幸運です」

「パフォーマンスはさておき、このスポーツにおいてF1チームがどのように運営されるべきかという良いモデルを、私たちのチームは実証していると思います」

つまり現在のウィリアムズの予算は、1億5000万ドル以下ということなのでしょう。
メルセデスはカスタマー用のPUも作ることを考えると、最低でも2億5000万ドルは必要だと主張していますが、エンジンとシャシーの勘定を別にすれば、カスタマーPUの予算問題は解決できると思います。
まあ、分配金の特権を奪われるフェラーリは、それでも反対するでしょうけどね。

Source: “Williams will close” if F1 doesn’t cap budgets in 2021 | racefans.net

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.