アストンマーティン ヴァンテージもF1のセーフティカーを担当

F1セーフティカー

Aston Martin Vantage F1 Safety Car

アストンマーティン ヴァンテージが、F1のセーフティカーを担当することになりました。
全23レース中12レースでセーフティカーの任を受け持ちます。
また、メディカルカーもアストンマーティン DBXが担当することになりました。

Aston Martin Vantage F1 Safety Car

今回は新しいセーフティカーの概要をご覧ください。

Related Posts

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Aston Martin Vantage F1 Safety Car Front three quarter
F1の新セーフティカーとなったヴァンテージ。

Aston Martin Vantage F1 Safety Car Front
スプリッターやグリルが改良され、空力性能が向上している。

Aston Martin Vantage F1 Safety Car Side
ライトバーなどセーフティカーとしての装備を追加しつつ、ダウンフォースも向上させている。

Aston Martin Vantage F1 Safety Car Rear three quarter
大型のリアウイングを装着している。

Aston Martin Vantage F1 Safety Car Rear
リアディフューザーは控えめなデザイン。

Aston Martin Vantage F1 Safety Car Front
こちらはDBXのメディカルカー。

Aston Martin Vantage F1 Safety Car Rear
事故現場に素早く駆けつける機動力とユーティリティを併せ持つDBXは、メディカルカーにうってつけだ。

フロントグリルやフロントスプリッター、リアウイングなどを改良したことにより、ダウンフォースがノーマルより60kg以上アップしています。
124km/hで走行している際のダウンフォース発生量は155.6kgだそうです。
ボンネットには熱抜きダクトが新設されており、熱管理システムもヴァンテージGT4と同レベルにアップグレードされているため、全開走行からクールダウンラップ無しでピットインしても、問題が発生することはありません。

目次に戻る

インテリア

シートはFIA公認の6点式ハーネス対応品に交換されており、ダッシュボード上にはラップタイムや各F1マシンのポジション等を表示するモニタが2つ設置されています。
センターコンソールにはライトバーやサイレン、無線等のスイッチパネルが新設されたそうです。

メディカルカーのDBXは、リアシートが取り除かれています。
フロントシートはやはり6点式ハーネス対応品に変更。
あとはヴァンテージと同様のモニタや通信機器が装備されているそうです。

目次に戻る

シャシー

シャシーとサスペンションが補強され、フロントの剛性が向上しています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.0リッター・V型8気筒ツインターボのままですが、最高出力は510psから535psに引き上げられています。
トルクはノーマルと同じ625Nmなものの、トルクバンドは広くなっているようです。

またシフトチェンジ時のダイレクト感が増しており、正確性やコントロール性が向上しています。

メディカルカーのDBXはノーマルから変更はありません。
つまり550ps・700Nmを発生します。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath