新しいAMG GT3は低コストでユーザーフレンドリー

Mercedes-Benzの新車情報, SUPER GT, その他モータースポーツ, モータースポーツ, 新車情報FIA-GT3, レーシングカー

メルセデスAMGが、新型AMG GT3を発表しました。
エアロダイナミクスや電子制御デバイスの改良だけでなく、ピットストップ時間の短縮やセットアップ変更の容易さ、そしてランニングコストの削減にまで配慮されたカスタマー向けレーシングカーです。

今回は2020年から導入される新型AMG GT3の概要をご覧ください。


AMG GT3(2020年モデル)の概要

画像はクリック(もしくはタップ)で拡大できます。

エクステリア

前後バンパーのデザインが変更されています。
フロントバンパーは開口面積が広がり、カナードの形状も変わりました。
旧型のリアバンパーは両サイドに開口部が設けられていましたが、新型ではウィングレットのような形状に変化しています。
また、ヘッドライトとテールライトも新しいデザインになりました。
ヘッドライトの明るさも増しているようです。

AMG GT3(2020年モデル)

フロントバンパーの開口面積が増えた。

比較用として旧型のAMG GT3。新型のフロント周りは別物だ。

カナードのデザインも新しくなった。

フロントフェンダーのルーバー形状は以前と変わらず。

ホイールは鍛造18インチ。

リアバンパーの形状も変化している。

旧型のリア周り。バンパーの両サイドに穴が開いている。

新型はディフューザーから伸びたウィングレットがフェンダーとつながっている。

限界まで肉抜きされたリアウイングステー。

簡単にセッティング変更できるよう配慮されている。

ボディサイズ

寸法(mm)と車重(kg)
全長 4,746
全幅 2,049
全高 1,238
車重 1,285以下(BOP)

目次に戻る

インテリア

高強度鋼のロールケージ、アルミ製スペースフレーム、ヘッドレスト内蔵型のカーボンシートにより、最新のFIA規格においても最高レベルの安全性が確保されています。

装備面では、ドリンクシステムやステアリングが最適化されました。
オプションでヘルメットおよびシートのベンチレーション機能も追加できます。

目次に戻る

シャシー

ピットストップ時間を短縮するために、オプションとしてドロップスタート機能が設定されました。
これはエアジャッキが降りた瞬間にエンジンを自動でスタートするシステムです。
ドライバーがピットアウト時にエンストすることはこれで無くなるでしょう。

ABS(アンチロックブレーキシステム)およびTCS(トラクションコントロールシステム)も改良されています。
より高い感度でグリップ限界を探り、最大出力を路面に伝えると共に、タイヤも節約できるそうです。

コストの削減にも配慮

カスタマー向けのレーシングカーということで、AMG GT3はコストにも配慮されています。

新型AMG GT3には、パーツの走行時間を自動記録するシステムが搭載されました。
これはレーシングカーとして世界初だそうです。
このシステムによってレーシングチームはパーツの管理コストを削減できます。

セットアップにかかる時間も短縮されました。
フロントスプリッターとリアウイングは素早く調整できるようになっていますし、エアフィルターへのアクセスも容易になりました。
ネジの数も減らされ、迅速な作業が可能になっています。
リアのトラックロッドも微調整可能です。

レースにはクラッシュが付き物ですが、新型AMG GT3は、クラッシュ時のコスト低減にも配慮されています。
フロントセクションはラジエターを効果的に保護できるように最適化されましたし、新開発の一体型ビームにより、エンジンやフロントアクスル、ステアリングシステムなどの保護レベルが引き上げられました。

目次に戻る

パワートレイン

ロードカーのAMG GTとは異なり、GT3には6.3リッター・V型8気筒ガソリン自然吸気エンジンが搭載されていますが、最高出力等のスペックに変更は無いようです。
しかしコスト削減のためにエンジンの寿命が延ばされ、エンジン・オーバーホールの頻度は低下しています。

ギアボックスは6速シーケンシャルです。

目次に戻る

価格・発売日

価格は399,000ユーロとなっています。
記事執筆時点のレートで日本円に単純換算すると、およそ4,880万円です。
最近のFIA-GT3マシンは価格が高騰しているので、AMG GT3は比較的安価な方だと思います。

レーシングチームへのデリバリーは、2019年末から始まる予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath