新型メルセデスAMG GTのスパイショット

Mercedes-Benzの新車情報スポーツカー, スーパーカー

Mercedes-AMG GT 2nd Gen Spyshot

メルセデスAMGが、2代目となるAMG GTを開発しています。
新型はSLロードスターとプラットフォームを共有していますが、顔つきなどが異なるようです。

今回は新型AMG GTの最新情報をご覧ください。

Related Posts

新型AMG GT(第2世代)の最新情報

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

スパイショット

Mercedes-AMG GT 2nd Gen Spyshot Front
新型メルセデスAMG GTのプロトタイプ

Mercedes-AMG GT 2nd Gen Spyshot Front corner
パナメリカーナグリルが低い位置まで伸びている。バンパー形状もSLとは異なる。

Mercedes AMG SL 63 4MATIC+ Front three quarter
参考画像としてメルセデスAMG SL63 4MATIC+

Mercedes-AMG GT 2nd Gen Spyshot Side
先代モデルよりもキャビンが前進し、リアデッキが長くなっている。

Mercedes-AMG GT 2nd Gen Spyshot Rear corner
ドアパネルのキャラクターラインはシャープな感じ。

Mercedes-AMG GT 2nd Gen Spyshot Rear
キャビンは後方に行くにしたがって絞り込まれており、対照的にリアフェンダーはリアデッキにつながる広大な平面を形成している。

目次に戻る

インテリア

ポルシェ 911のライバルという位置づけであるため、おそらくSLと同様に2+2のシートレイアウトを採用するものと思われますが、まだ確認できていません。
ダッシュボードも基本的にはSLと同じデザインになるはずです。

Mercedes-AMG SL43 Dashboard
SLには「ハイパーアナログ」と呼ばれるコクピットデザインが採用されている。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボを引き続き搭載します。
プラットフォームを共有するSLのV8搭載モデルの場合、SL55(476ps・700Nm)と、SL65(585ps・800Nm)という2つの仕様が用意されていますが、GTクーペの場合は異なる仕様になる可能性があります。
トランスミッションは9速AT。駆動方式はAWD(全輪駆動)の4MATIC+です。

4ドアクーペのAMG GT 63S Eパフォーマンスと同じパワートレインを搭載するPHEVも登場する見込みです。
4ドアクーペの場合は最高出力は843ps、最大トルクは1,010~1,470Nmとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

新型AMG GTは、2022年後半から2023年初頭に発表される可能性が高いです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath