モータースポーツ ル・マンなど耐久レース

アストンマーティン ヴァンテージGTE WEC覇権奪還への切り札

更新日:

アストン・マーティン新型ヴァンテージの発表にあわせて、新たな耐久レーサーヴァンテージGTEを公開しました。

新型ヴァンテージをベースにしたヴァンテージGTEは、WEC(世界耐久選手権)のGTEクラスに参戦するためのマシンです。

それでは新型ヴァンテージGTEの概要を、画像とあわせてご覧ください。

sponsored link


新型ヴァンテージGTEの概要

市販車の新型ヴァンテージと並行して開発された新型ヴァンテージGTEは、すでにかなりの距離のテスト走行をこなしています。

アストン・マーティン・レーシング(AMR)は、新型ヴァンテージGTEで30時間もの走行テストを実施しました。
テストはスペインのナバーラ・サーキット、アメリカ・フロリダ州のセブリング・サーキットの2ヶ所で行われ、13,000kmを走破したそうです。

エクステリア・インテリア

エンジン

エンジンは市販車と同じくAMG製の4.0リッター・V型8気筒ツインターボを搭載しています。

正確なパワーは不明ですが、GTEマシンはリストリクター(吸気制限装置)で出力を絞られてしまうので、おそらく市販車(510ps)と同程度だと思います。

このAMGエンジン(M178/177型)は、AMG GT3に搭載されて、世界中のレースシーンで既に大活躍しています。
AMG GT3はニュルブルクリンク24時間レースでも優勝(2016年)しているので、耐久レース用エンジンとしては実績・信頼性ともに十分です。
ヴァンテージGTEのエンジンとしても、その実力を遺憾なく発揮してくれるに違いありません。

来季のドライバーラインナップ

ル・マン24時間レースで勝利したダレン・ターナージョニー・アダムが、引き続き2018年もステアリングを握ります。

また、2016年のFIA WEC GTE Proクラスでチャンピオンに輝いたニッキー・トゥヒームマルコ・ソレンセンの2人も続投のようです。

さらには現在はフォーミュラEで活躍しているアレックス・リンも加わり、ル・マンやWECの制覇を目指して戦うことになります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-モータースポーツ, ル・マンなど耐久レース
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.