他メーカーの新車情報 新車情報

テスラ・モデル3にデュアルモーターのバリエーションが追加される

更新日:

画像はシングルモーター・後輪駆動

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏が、デュアルモーターテスラ・モデル3が登場することを明らかにしました。

今回はモデル3の新しいバリエーションについてお伝えします。


テスラ・モデル3 デュアルモーターの概要

画像はシングルモーター・後輪駆動

デュアルモーターのモデル3は、前後にモーターを搭載する4WDです。
リアに搭載するモーターは、スタンダードなシングルモーター・後輪駆動のモデル3と同様のスペック(262ps・430Nm)となります。

フロントに搭載するモーターのスペックは不明ですが、動力性能については判明済みです。
デュアルモーターには「ノーマル」と「パフォーマンス」という2つの仕様があり、ノーマルの方の0-60mph(0-96km/h)は4.5秒、パフォーマンス重視型の方は同3.5秒という加速性能を誇ります。

最高速は、デュアルモーターのノーマルが225km/h、パフォーマンス重視型は250km/hです。
航続距離はどちらも500km(310mile)となっています。

モデル3のバリエーション
モーター デュアル シングル
仕様 ノーマル パフォーマンス 標準バッテリー 長距離バッテリー
0-96km/h(秒) 4.5 3.5 5.6 5.1
最高速(km/h) 225 250 210 225
航続距離(km) 500 350 500
価格($) 40,000 78,000 35,000 44,000

ちなみにデュアルモーター・パフォーマンス仕様のモデル3にも、テスラ自慢のオートパイロットは標準装備されていません。
ただし78,000ドルにさらなる追加コストを支払えば、オプションで装備することができます。

マスク氏はパフォーマンス仕様が「BMW M3よりも15%速くて良いハンドリングで」「同クラスの全てをトラック上で打ち負かすことができる」と主張していますが、額面通り受け取る人はいないでしょう。

パフォーマンス重視型には、白い内装も用意されるようだ。

モデル3は生産面で苦戦していましたが、それもようやく軌道に乗り始めたようです。
しかし今後は日産・リーフにもロングレンジモデルが登場しますし、メルセデス・ベンツEQAなど新たなライバルも、続々登場してきます。
これから生産ではなく、販売面で苦戦する可能性も出てくるでしょう。

魅力的なライバルの登場で、モデル3人気に陰りが出るかもしれない。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.