レクサス RC F トラックエディション サーキットでの速さを追求! より過激に進化したクーペ

2018年7月25日トヨタの新車情報, 新車情報Lexus RC F, スポーツカー

レクサス RC F トラックエディションが発表されました。
この車は、サーキット走行によりフォーカスしたモデルで、エアロパーツの追加と軽量化によって、パフォーマンスが大幅に向上しています。

ネビュラ・グレーの車体がかっこいい。

今回はレクサス RC F トラックエディションの概要をご覧ください。

更新情報

正式発表されたエクステリア画像と、正式発表されたインテリア画像を追加し、ページ内の記述を修正しました。
また、ページが重くなるのを避けるため、古いスパイショットとティザー画像は削除しました。(2019/01/19)

ティザー画像を追加し、ページ内の車名をトラックエディションに改めました。また、価格・発売日に関する情報を更新しました。(2018/12/07)

最新のスパイショットを追加しました。(2018/11/01)


レクサス RC F トラックエディションの概要

エクステリア

RC F GTコンセプト

レクサスは2015年のパイクスピークに、RC F GTコンセプトという車をエントリーさせたことがあります。

市販バージョンのRC F トラックエディションは、このGTコンセプトと同様の考え方で作られているようです。
すなわち、軽量化パワーアップにより、パフォーマンスの向上が図られます。

RC F GTコンセプト

RC F GTコンセプトは、カーボンファイバー製のボディパネルとポリカーボネート・ウィンドウによって、標準のRC F比で実に360kgも軽量化されていました。

RC F トラックエディションのエクステリア

RC F トラックエディション。車体色はウルトラ・ホワイト。

熱抜きダクト付きのカーボンボンネットが装着されている本気仕様だ。

M/C後モデルのヘッドライト。

スピンドルグリルは、細部まで複雑な形状になっている。

フロントスプリッターもカーボン製だ。

ミラー形状も空力に配慮されているようだ。

ホイールはBBSの鍛造19インチ。

ブレーキはブレンボのカーボンセラミックブレーキだ。

RC Fのフロントフェンダー後端には、ホイールハウス内の空気を抜くダクトが追加されている。

ルーフもカーボン製。ディフューザーは標準のRC Fと同じもののようだ。

リアウイングもカーボン製。

テールパイプの焼き色が美しい。

ハの字にテールパイプを配置するのはレクサスならではだ。

カーボン製パーツの多用と2シーター化により、RC F トラックエディションは、標準のRC Fに対して80kgの軽量化を達成しました。
2018年型のRC F北米仕様が1795kgなので、RC F トラックエディションは、1715kgということになります。

また、26.3kg増えたダウンフォースも、サーキット走行の大きな助けとなるでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは5.0リッター・V型8気筒ガソリン自然吸気のままですが、パワーは5ps、トルクは6Nm向上しています。
性能向上はわずかですが、自然吸気エンジンなので仕方がないのかもしれません。

トランスミッションは8速ATですが、レスポンスを向上させるために、ファイナルギアが変更されています。
ローンチコントロールを作動させれば、0-96km/hを3.96秒でこなすことが可能です。

目次に戻る

価格・発売日

ワールドプレミアの際に価格は発表されませんでした。
情報が入り次第、この項目に追記します。

RC F トラックエディションは、2019年の第2四半期から生産が開始されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath