テクノロジー・業界分析 批評

レクサス危うし!? ジェネシス(ヒュンダイの高級車ブランド)が躍進! 米国の顧客満足度調査で高評価を獲得

更新日:

アメリカのコンシューマー・リポートが、今年のブランド別顧客満足度ランキングを発表しました。

ランク 昨年からの変化 ブランド名 スコア
1 ── テスラ 90
2 ── ポルシェ 85
3 ジェネシス 81
4 ↑4 クライスラー 78
5 ↓2 アウディ 76
6 ↑1 マツダ 76
7 ↓3 スバル 76
8 ↓3 トヨタ 76
9 ↓3 ホンダ 75
10 ↑2 リンカーン 75

トップ3にはテスラポルシェに続き、韓国・ヒュンダイ自動車の高級車ブランドであるジェネシスがランクインしています。
一方、日本のブランドの多くは軒並みランキングを下げており、あまり元気がありません。

実はJDパワーブランド別商品魅力度ランキング(通称APEAL)でも、ジェネシスは2位に入っています
また、ジェネシス・G90は、APEALのモデル別ランキングで1位になるなど、アメリカではかなり評価が高いのです。

America's Top 10 Most Loved Vehicles

America's Top 10 Most Loved Vehicles

ちなみにジェネシスは、2015年末に立ち上げられたばかりのブランドです。
現在販売しているのは大型ラグジュアリー・セダンのG90と、中型セダンのG80およびG70だけです。
SUVも計画されているものの、まだラインナップされていません。

なぜジェネシスの評価がこれほど高いのでしょうか?
今回はその理由を探ります。

sponsored link


ジェネシス・G90とは?

ヒュンダイ自動車の高級車ブランドであるジェネシスの、フラッグシップセダンです。
レクサス・LSのような位置付けのモデルだと考えればよいでしょう。

エクステリア

インテリア

パワートレイン

エンジンは3.3リッターのV6ツインターボで、最高出力は370ps、最大トルクは510Nmとなっています。

ギアボックスは8速オートマチックで、駆動方式は4WD。
0-60mph(0-96km/h)は5.3秒、0-1/4マイル(402.336m)は13.9秒です。

価格

米国価格は71,825ドルですから、1ドル=113円換算だと811.6万円となります。

目次に戻る

なぜジェネシスG90は評価されているのか?

価格の安さ

まずジェネシスの魅力として、価格の安さが挙げられます。
G90は71,825ドルですが、ライバルのレクサス・LS460(4WDモデル)75,465ドルとなっており、3,640ドルも安価です。

ドイツの高級車ブランドと比較すると、ジェネシスの安さはさらに顕著です。
たとえばBMW・740i xDrive86,100ドルですし、メルセデスベンツ・S450 4MATICに至っては92,900ドルもします。

保証も充実

保証が充実しているのはジェネシスに限らず、韓国車に共通する特徴です。
たとえばジェネシス・G90は、パワートレインの保証が10年もしくは100,000マイル(160,000km)もあります
それ以外の一般保証に関しても、5年もしくは60,000マイル(約96,000km)という充実ぶりです。

レクサス・LS500の保証は、パワートレインが6年もしくは70,000マイル、一般保証は4年もしくは50,000マイルと、十分な保証体制が敷かれています。
新車で買って乗るだけなら、ジェネシスの保証は過剰です。

しかし中古車として流通する期間を考えると、ジェネシスの方に軍配が上がります。
中古で売る際に保証が残っていれば、その分がリセールバリューに上乗せされるからです。

質感の高さ

ジェネシス・G90のエクステリアデザインについては、あまり評価が高くありません
ジェネシスはブガッティのデザイナーを引き抜いたりしてデザインに力をいれていますが、結局どこかで見たデザインの寄せ集めになってしまっています。

しかしインテリアの評価は非常に高いです。
Motor Trendのレビューでは、G90のインテリアをこのように評しています。

レクサスのエレクトロニクスによる感覚への過負荷の後だと、G90は歓迎された休憩だった。
キャビンに乗り込み、ドアを閉めると、外部と隔絶された部屋となる。

レクサスがそうだったように、レザーシートは「バターのように滑らか」で、フロントと奥行きのあるリアシートのどちらも非常に快適だ。

360度カメラやレーダークルーズコントロール、インフォテイメントシステムまで、全ての面に高品質なマテリアルと簡単に見つけられるコントロールを備えている。

G90のインテリアに対する批判が1つあるとすれば、それは刺激的でないということ。
シンプルなブラックレザーにウッドトリムだ。

ウッドトリムは「本当に豊かに見える」が、刺激の面ではリンカーンやレクサスに比べてかなり無味乾燥としている。

ジェネシス・G90は少なくとも、レクサス並には快適なインテリアを備えているわけです。

走りの良さ

価格的には安いジェネシス・G90ですが、走りに関してはライバルに引けを取りません。
BMW・740i xDrive、レクサス・LS460 4WD、そしてジェネシス・G90の運動性能に関するデータを表にしてみました。

項目 740i LS460 G90
0-96km/h 5.1 5.9 5.3
96km/h-0(m) 37.5 34.4 37.2
最高速(km/h) 248 210 248
横加速度(G) 0.85 0.85 0.85

ジェネシス・G90は、非常にコストパフォーマンスに秀でていることがわかります。
コンシューマー・リポートやJDパワーの調査で、ユーザーからの評価が高いのも当然なのです。

目次に戻る

出典・参考サイト

Car Brands Ranked by Owner Satisfaction | consumerreports.org

J.D. Power Automotive Performance, Execution and Layout Study | jdpower.com

BMW 740E VS. LEXUS LS 500 VS. GENESIS G90 3.3T VS. LINCOLN CONTINENTAL 3.0 | motortrend.com

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-テクノロジー・業界分析, 批評
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.