トヨタ車の比較 比較

韓国・起亜(キア)ニーロが、SUVなのにプリウスに匹敵する燃費を叩き出す

sponsored link

2016/12/25

燃費でプリウスを上回ったヒュンダイ・アイオニック・ハイブリッドに続き、ヒュンダイ傘下のキア(起亜自動車)が新たな刺客「ニーロ・ハイブリッド」を送り込んできました。

キア・ニーロはSUVなのでプリウスよりも大型ですし、空気抵抗も大きいはずなのですが、両車の燃費はかなり接近しています。
しかもキア・ニーロの方が安いですから、プリウスは厳しい戦いを強いられることでしょう。

今回はキア・ニーロとプリウスのスペックを比較してみます。

画像の出典: cnet.com

sponsored link

キア・ニーロと50プリウスのサイズ比較

主要諸元キア・ニーロ50プリウス
全長(mm)43564540
全幅(mm)18061760
全高(mm)15341470
ホイールベース(mm)27002700
車両重量(kg)1409〜14851310〜1390
ラゲッジ容量※1538502
Cd値0.290.24
開始価格($)23,00024,685

※1 5名乗車時のラゲッジスペース容量。

ご覧の通り、全長以外はキア・ニーロの方が大きいです。
また、プリウスは全長が長いと言っても、ホイールベースの長さはキア・ニーロと同じなので、全幅と全高がある分だけ、室内の広さでもキア・ニーロの方が上でしょう。

開始価格を$1=¥117換算すると、キア・ニーロは269.1万円、50プリウスは288.8万円となります。
差額は19.7万円ですね。

目次に戻る

キア・ニーロと50プリウスの燃費比較

続いては燃費比較です。
実燃費に最も近いとされるアメリカEPA燃費の数値で比較したいと思います。

車種名グレード街乗り/高速/複合(km/L)
キア・ニーロFE22.1/20.8/21.3
LX, EX21.7/19.6/20.8
Touring19.6/17.0/18.3
50プリウスEco24.7/22.5/23.8
標準車23.0/21.3/22.1

キア・ニーロの「FE」と、50プリウスの「Eco」は、装備を簡素化した所謂燃費スペシャルです。
また、キア・ニーロの「Touring」は、豪華装備で車重が76kgほど重く(FE比)、18インチタイヤを装着しているため、比較対象としては適切でないでしょう。

よってキア・ニーロの「LX, EX」グレードと、50プリウスの標準車を比較することにします。

街乗り/高速/複合のいずれにおいても、50プリウスがキア・ニーロに勝っていますが、その差はわずかです。
とくに街乗りと複合では、燃費の差が1.3km/Lしかありません(高速燃費の差は1.7km/L)。

価格差が19.7万円であること、そしてアメリカではガソリン価格が60円/L程度であることを考えると、この燃費差ではプリウスに優位性は無いと思います。

目次に戻る

キア・ニーロと50プリウスのデザイン比較

それぞれのエクステリアとインテリアを比較していきます。

エクステリアの比較

キア車に共通する特徴的なグリルは「タイガー・ノーズ」とか言うらしい。

画像の出典: autoblog.com

なんでこんなデザインにしちゃったんだろう……。

画像の出典: netcarshow.com

ルーフがやや尻下がりなこと以外は、いたって普通のデザインだ。

画像の出典: cnet.com

フロントドアガラスの面積が大きすぎてかっこ悪い。

画像の出典: netcarshow.com

SUVらしいアンダーガード以外は凡庸なデザインだと思う。

画像の出典: cnet.com

なんでこんなデザインにしちゃったんだろう……(2回目)

画像の出典: netcarshow.com

インテリアの比較

キア・ニーロのインテリアは質感が良さそう。

画像の出典: motor1.com

プリウスのインテリアは白い部分がかっこ悪い。

画像の出典: netcarshow.com

取り立てて特徴のないキア・ニーロのフロントシート。

画像の出典: motor1.com

50プリウスのフロントシート。

画像の出典: netcarshow.com

キア・ニーロのリアシート。足元の広さはプリウスと同程度だが、頭上の広さはプリウスに勝る。

画像の出典: motor1.com

プリウスのリアシート。

画像の出典: toyota.jp

目次に戻る

トヨタは大丈夫なのか?

プリウスの優位性がほぼ失われたことで、トヨタの将来性に不安を覚える方も多いと思います。

しかし、今トヨタが最優先で取り組んでいるのは、特定の車種で燃費世界一となる「一点豪華主義」ではなく、全トヨタ車の燃費を「底上げ」することではないかと、筆者は考えています。

その理由は燃費規制です。
アメリカでもCAFE(企業平均燃費)規制と呼ばれるものがあり、自動車メーカーは販売した車の平均燃費を、2016年の基準だと15.1km/L以上に引き上げなければなりません。
これが2025年には23.2km/Lとなり、守れなければ罰金を課せられるのです。

PHVやEVだけでは、世界の自動車需要に対応できない。

富士経済の調査によると、2030年においても、新車販売される自動車の約89%が従来型のガソリンやディーゼル車であり、PHVやEVが新車販売に占める割合は11%程度だと予想されています。

また、デロイトトーマツコンサルティングの予想でも、2030年時点でのEV・PHV販売シェアは25%でしかありません。
先進国ではEVやPHVの価格がネックとなり販売ボリュームが稼げず、新興国ではEV向けのインフラ整備が課題となるようです。

つまりまだまだ内燃機関の時代が続くということになります。
となればガソリンエンジンやディーゼルエンジンの燃費と環境性能を高めていく必要があるわけです。

つい先日、トヨタはTNGAパワートレインを発表しました。
エンジンだけでなく、ギアボックスやハイブリッドシステムをも一挙に刷新し、全トヨタ車の燃費を一気に引き上げる作戦です。
先進国での燃費規制や新興国でのガソリン車・ディーゼル車需要に応えるには、特定車種の燃費世界一ではなく、メーカーごとの平均燃費で世界一になることを、トヨタは目標にしているのでしょう。
なのでトヨタの将来に関しては、心配無用だと思います。
むしろ走りやデザイン(C-HRや、レクサスLCが良い例)などにも力を入れ始めたトヨタが、大きく躍進する可能性の方が高いのではないでしょうか?

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: トヨタ車の比較, 比較
Tag: , , ,

戻る