スズキ車の比較 比較

新型ジムニーを旧型と比較! 伝統を守りつつ新技術を積極的に採用

更新日:

新型ジムニーがついに発売されました。
20年ぶりのフルモデルチェンジであるにもかかわらず、キープコンセプトで登場した新型ジムニーですが、一体何が変わったのでしょうか。

そこで今回は、新旧ジムニーのスペックや装備を比較してみました。
受け継がれた部分とそうでなかった部分、そして新たに追加された装備をご確認ください。
内外装の比較画像もあります。

更新情報

画面から表がはみ出した場合にスクロールできるようにしました。(2018/07/10)


エクステリアの新旧比較

デザインの比較

3代目ジムニー(JB23W)


4代目ジムニー(JB64W)


3代目ジムニー(JB23W)


4代目ジムニー(JB64W)


ボディサイズの比較

寸法(mm) 旧型ジムニー 新型ジムニー
全長 3395 3395
全幅 1475 1475
全高 1715 1725
ホイールベース 2250 2250
トレッド(前) 1265 1265
トレッド(後) 1275 1275
スマホの方は表の下にある緑色のバーでスクロールできます。(表がはみ出している場合)

全高が10mm高くなった以外は、新旧でサイズは変わっていません。

目次に戻る

インテリアの新旧比較

3代目ジムニー(JB23W)


4代目ジムニー(JB64W)


3代目ジムニー(JB23W)


4代目ジムニー(JB64W)


新型はフロントドアガラスの前方下端が切り欠かれているなど、視界を良くするための工夫が見て取れます。
ダッシュボードの中央にはタッチスクリーンが装備され、現代的な装いになりました。

ステアリングのチルト調整ができるようになったのは朗報ですね。
新型は35mmの幅で上下に調整可能です。

また、新型ジムニーの「XC」「XL」には、シートヒーターが標準装備されています。
旧型ジムニーでも特別仕様車にはあった装備ですが、カタログモデルに装備されたのは大きな変更点です。

目次に戻る

シャシーの新旧比較

シャシーは新型も変わらずラダーフレームですが、クロスメンバーの追加により、ねじり剛性は旧型比で1.5倍も向上しました。

また、ボディーマウントゴムの大型化により、振動も低減されています。

次はオフロード走行に関連する数値を比較してみましょう。

スペック 旧型ジムニー 新型ジムニー
アプローチアングル 49° 41°
ランプブレークオーバーアングル 32° 28°
ディパーチャーアングル 50° 51°
最低地上高 200mm 205mm
スマホの方は表の下にある緑色のバーでスクロールできます。(表がはみ出している場合)

意外なことに、アプローチアングルとランプブレークオーバーアングルは、新型の数値の方が劣っています

電子制御

新型にはヒルディセントコントロールやブレーキLSDトラクションコントロール等の、電子制御システムが追加されました。

また、ヒルホールドコントロールやクルーズコントロール(XC)などの、日常の使い勝手を高める装備も新たに追加されています。

アプローチアングルやランプブレークオーバーアングルは悪化したものの、新しい電子制御技術の採用によって、新型ジムニーの悪路走破性は向上していると考えていいはずです。
特にぬかるみからの脱出においては、パッシブなシャシー性能よりも、電子制御によるアクティブな制御の方が効果的と言えます。

目次に戻る

パワートレインの新旧比較

エンジンの新旧比較

スペック 旧型ジムニー 新型ジムニー
最高出力(ps)/回転数(rpm) 64/6500 64/6000
最大トルク(Nm)/回転数(rpm) 103/3500 96/3500
MT燃費(km/L) 14.8(JC08) 16.2(WLTC)
AT燃費(km/L) 13.6(JC08) 13.2(WLTC)
スマホの方は表の下にある緑色のバーでスクロールできます。(表がはみ出している場合)

新型は最高出力の発生回転数が500rpm下がっていますが、最大トルクもわずかに下がってしまいました。

燃費に関しては改善したのはMT車のみで、AT車では新型の方がむしろ悪化していますが、実際にはAT車の燃費も、新型の方が良くなっているものと考えられます
旧型がJC08方式での燃費計測であるのに対し、新型は実燃費に近いWLTC方式の数値だからです。

トランスミッションの新旧比較

MT車のギア比

ギア 旧型ジムニー 新型ジムニー
1速 5.106 5.809
2速 3.017 3.433
3速 1.908 2.171
4速 1.264 1.354
5速 1.000 1.000
後退 5.151 5.861
ファイナル 4.300 3.818
スマホの方は表の下にある緑色のバーでスクロールできます(表がはみ出している場合)

新型の1~5速は全体的にギア比が低くなっていますが、ファイナルギア(最終減速比)がハイギアード化されているため、トータルで見るとそれほど変わっていないはずです。

AT車のギア比

ギア 旧型ジムニー 新型ジムニー
1速 2.875 2.875
2速 1.568 1.568
3速 1.000 1.000
4速 0.696 0.696
後退 2.300 2.300
ファイナル 5.375 5.375
スマホの方は表の下にある緑色のバーでスクロールできます。(表がはみ出している場合)

AT車のギア比に変更はありません。

目次に戻る

安全装備の新旧比較

新型にはデュアルセンサーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)を初めとする、予防安全技術が搭載されました。

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 車線逸脱警報
  • 標識認識
  • ハイビームアシスト
  • 誤発進抑制
  • ふらつき警報
  • 先行車発進通知

これらの機能は旧型ジムニーにはありませんでしたから、大きな改善点といえるでしょう
ただし「XC」および「スズキセーフティサポート装着車」のみの搭載となります。

目次に戻る

価格の新旧比較

最後に、新旧ジムニーの価格を比較してみます。

価格(万円) 旧型ジムニー 新型ジムニー
グレード名 5MT 4AT 5MT 4AT
XC 151 162 174 184
XL 設定なし 158 168
XG 129 140 146 156
スマホの方は表の下にある緑色のバーでスクロールできます。(表がはみ出している場合)

全体的に20万円前後の価格上昇が見られますが、装備の充実を考えると妥当な金額といえるでしょう。
最近は安全基準や燃費規制が厳しくなり、その分の開発コストが上乗せされているため、新型はむしろバーゲンプライスといえるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

目次に戻る

sponsored link

-スズキ車の比較, 比較
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.