チューニング 自動車文化

Gunther Werksのポルシェ911(タイプ993)はカーボンモノコック!

投稿日:

カリフォルニアのGunther Werks(ドイツ語読みならギュンターヴァークス、英語読みならガンサーワークス)は、空冷エンジンを搭載する最後のポルシェ911である、タイプ993にこだわっているチューナーです。

そのGunther Werksがモンテレー・カーウィークの「モータースポーツ・ギャザリング」において、993のカーボンモノコックを発表しました。



彼らがかつて発表した「400R」では、外装パネルのみをカーボン化していましたが、それには飽き足らず、ついに骨格までカーボンに置き換えてしまったのです。

今回はGunther Werksが計画している、フルカーボンモノコックの993についてお伝えします。


カーボンモノコック化された993の概要

ただ置き換えるだけではない

Gunther Werksは993のモノコックをカーボンに置き換えるだけではなく、さらなる理想を追求しています。

例えばフェンダーはそれぞれ3インチ(76.2mm)張り出しているため、フロントには295/30/18、リアには335/30/18という、ワイドなピレリP Zero Corsaタイヤを履くことが可能です。

サスペンションも、JRZ製のアクティブサスペンションにリニューアルされます。
このサスペンションは最適な減衰力を導き出すために、1秒間に1000回も路面状況を計算するという優れものです。

ブレーキも当然強化されます。
完成車に装備されるのは、15インチのブレンボ・CCM-Rというカーボンコンポジットブレーキです。

目次に戻る

エンジンは手作り

エンジンはもちろん空冷フラット6ですが、こちらにも手が加えられます。

Rothsport Racingが手がける4.0リッター・水平対向6気筒は、最高出力
400ps、最大トルク448Nmを発生する、自然吸気のガソリンエンジンです。
993カレラRSのM64/20型エンジンですら、最高出力は300psでしたから、大幅なパワーアップとなります。

目次に戻る

限定25台

Gunther Werksは25台の生産を予定しています。
顧客は自由にオプションを選べるので、価格はあってないようなものでしょう。
ちなみに発注する際は、ドナーカーとして993を自前で用意する必要があるようです。

海外ではレストアしつつモディファイを加えた車を「resto-mod」と呼んでいるみたいですが、Gunther Werksのフルカーボン993は、究極のresto-modと言えるのではないでしょうか。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-チューニング, 自動車文化
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.