Audiの新車情報 SUPER GT モータースポーツ ル・マンなど耐久レース

新型アウディ R8 LMS GT3マシンがさらに進化! 洗練された空力で覇権奪還を狙う

投稿日:

アウディ新型R8 LMSを発表しました。
世界中の様々なレースで走っている、FIA-GT3規格のレーシングカーです。

R8 LMSはこれまでかなりの競争力を発揮してきましたが、最近はAMG GT3にやや押され気味です。
新型はエアロダイナミクスをさらに向上させてあるようで、デザインがかなり洗練されています。
このマシンで打倒AMGとなるでしょうか。

今回は新しいR8 LMSの画像とスペックをご覧ください。


アウディ R8 LMS(2019)の概要

エクステリア

新型R8 LMS


こちらは2015年に登場した旧型のR8 LMS。ノーズ周りがかなり異なる。


新型はノーズが低く、なだらかな形状に。


カナードの内と外で気流を分割している。


ヘッドライトの横にも気流を通すエア・チャンネルがある。


スプリッターは前方にほとんど飛び出ていない。


サイドはあまり変わっていないように見える。


給油口は右側にある。


リア周りの変化はわずかだ。


こちらは2015年モデル。


リアバンパーは空気抵抗になるので、スカスカにされている。


マフラーは中央から2本出し。


目次に戻る

シャシー

新型R8 LMSは、25kg軽量化されました。

また、新型R8 LMSの安全性は、FIAが要求するレベルを大幅に上回っているそうです。
その水準はル・マン・プロトタイプ(LMP)のレベルに達しているのだとか。
にもかかわらず軽く仕上がっているのですから、アウディの技術力は素晴らしいですね。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは5.2リッター・V型10気筒ガソリン自然吸気で変更はありません。
最高出力は585ps、最大トルクは550Nm以上となっています。

大幅な変更を受けたのは、ギアボックスなどのドライブトレインです。
6速シーケンシャルトランスミッションとトリプルプレートクラッチ、そしてロッキング・ディファレンシャルは、過酷な耐久レースにおける摩耗を低減しつつも、パフォーマンスを向上させてあります。
これらのサービス期間も伸びているそうです。

目次に戻る

価格

価格は398,000ユーロ(税抜)です。
記事執筆時点のレートで換算すると、約5,250万円となります。
フェラーリ 488GT3などは7,000万円オーバーなので、かなりがんばっている価格と言えるのではないでしょうか。
また、既存のモデルを所有していれば、28,000ユーロ(約370万円)でアップグレードできるようです。

新型R8 LMSは11月からデリバリーが開始されますが、2019年1月のホモロゲーション取得を待たなければなりません。
日本のSUPER GTにもエントリーしてくるでしょうから、走る姿を見るのが今から楽しみですね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-Audiの新車情報, SUPER GT, モータースポーツ, ル・マンなど耐久レース
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.