ピカソ 660 LMS カーボンボディの超軽量スーパーカー

他メーカーの新車情報スーパーカー, ライトウェイトスポーツカー

Picasso 660 LMS

スイスのピカソ・オートモーティブという会社が、初のプロダクションモデル「660 LMS」を発表しました。
カーボンファイバーボディにV6ツインターボを搭載するスーパーカーです。

今回はピカソ 660 LMSの概要をご覧ください。

Related Posts

ピカソ 660 LMSの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Picasso 660 LMS Front
ピカソ 660 LMS

Picasso 660 LMS Headlight
ユニークな形状のフロントバンパー。空力的にどうなのか気になる。

Picasso 660 LMS Side
車体はかなりコンパクト。前後オーバーハングも切り詰められている。

Picasso 660 LMS Wheel
ホイールはセンターロック式。

Picasso 660 LMS Rear fender
リアフェンダーは独立した形状になっている。

Picasso 660 LMS Rear
巨大なリアウィングやリアフェンダー後端に大きく空いた穴など、レーシングカーのようなデザインだ。

Picasso 660 LMS Engine hood
エンジンフードは手の込んだデザイン。

Picasso 660 LMS Rear bumper
ディフューザーのフィンがかなり高い位置まで伸びているのがユニーク。

目次に戻る

インテリア

内装の画像は無いのですが、アルカンターラ巻きのカーボンファイバーステアリングや、サベルトの6点式シートベルト、7インチのタッチスクリーン、ドアミラーを代替する2つの7インチデジタルミラーが装備されているそうです。

目次に戻る

シャシー

カーボンファイバーモノコックが採用されているため、車重はわずか980kgしかありません。
サスペンションはダブルウィッシュボーン式で、プッシュロッドによって作動します。
ブレーキはブレンボのアルミモノブロックキャリパーを装着。フロントは6ピストンに350Φのディスク、リアは4ピストンに355Φのディスクという組み合わせです。また、ボッシュのABSも搭載されています。
タイヤはピレリ Pゼロ トロフェオRで、サイズはフロントが245/35、リアは315/30です。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはアルミブロックの3.0リッター・V型6気筒ガソリンツインターボで、エンジンの潤滑にはドライサンプ方式を採用しています。
このエンジンの最高出力は660ps、最大トルクは720Nmです。
トランスミッションはSadev製の6速シーケンシャルとなっています。
ちなみにエキゾーストは2輪で有名なSC-Project製です。

目次に戻る

価格・発売日

価格は820,000ユーロとなっています。記事執筆時点のレートで日本円に換算すると、およそ1.17億円です。

660 LMSは21台の限定生産です。そのうち1台は本社に保管されるため、顧客にデリバリーされるのは20台のみとなります。デリバリーは2023年後半から開始されるそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath