ランエボが復活する!? 次期メガーヌRSとエンジンを共有か

三菱の新車情報, 新車情報AWD, スポーツカー, ホットハッチ

三菱ランサーエボリューションを復活させるかもしれません。
イギリスのAUTOCARは、日本の情報源からもたらされた話として、ランサーエボリューションが4ドアサルーンか、もしくは5ドアハッチバックの形で復活すると報じています。

今回は次期ランサーエボリューションの噂と、その実現可能性について考えてみます。


次期ランサーエボリューション(Ⅺ)の概要

11代目となるランエボは、次世代型のルノー メガーヌRSとエンジンやギアボックスを共有するそうです。
現行型のメガーヌRSは1.8リッターターボを搭載していますが、次期ランエボは2.0リッターターボになるそうなので、次期メガーヌRSも2リッターにスープアップされるのでしょう。
ギアボックスの詳細は不明ですが、デュアルクラッチトランスミッションになるそうです。

このエンジンは300ps・400Nmを発生しますが、これに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせることで、システムの総出力は346ps、総トルクは433Nmとなります。
これはスバル WRX STIの限定車「S209」や、フォード フォーカスRS Mk3匹敵するスペックです。

プラットフォームもメガーヌと共有され、ルノー-日産-三菱アライアンスのCMF-C/D F4が使われます。

ただしAWD(全輪駆動)システムに関しては、三菱が開発したS-AWCが搭載されるそうです。
以前のランエボに搭載されていたS-AWCは、フロントにヘリカルLSD、センターデフにはACD(アクティブセンターデフ)、そしてリアデフにはAYC(アクティブヨーコントロール)を持つ仕組みでしたが、次期ランエボのAWDシステムは新しいものになるでしょう。

目次に戻る

ランエボ復活の実現可能性

これまでにもランエボ復活の噂はありましたが、結果はご存知の通りです。
今回こそは実現するのでしょうか?

筆者は、ランエボ復活の可能性は十分にあると考えています。
メガーヌとパワートレインやプラットフォームを共有するというのは、理にかなっているからです。

現在のホットハッチは、ホンダ シビックタイプRVW ゴルフGTIに代表されるFFホットハッチと、フォード フォーカスRSAMG A45のようなAWDホットハッチの2種類に分かれています。
2リッターエンジンでも300psオーバーが当たり前になったことで、軽量なFFホットハッチと、スタビリティに優れるAWDホットハッチに分化したわけですね。

メガーヌRSは、言うまでもなく前者です。
実際メガーヌRSトロフィーRは、シビックタイプRからニュルブルクリンク最速FF車の称号を奪取しました

ルノー メガーヌRSトロフィーR

しかしメガーヌにはAWDのイメージはありません。
2リッターターボとなる次期メガーヌRSにAWDのラインナップを追加しても、一からブランドを構築しなければならないわけです。

そこで「ランサーエボリューション」という車名を復活させる必要性が出てきたのではないでしょうか。
ランエボはかつてWRC(世界ラリー選手権)を席巻したスーパーマシンですから、ブランド力としては十分です。

FFホットハッチとしてはメガーヌRSを、AWDホットハッチ(もしくはサルーン)としてはランエボを販売すれば、アライアンス内で棲み分けできますし、パワートレインやプラットフォームを共有すれば、コストダウンにもつながります。
ランエボの復活には、現実味があるのです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath