特別なベントレーコンチネンタルGTコンバーチブル「ナンバー1エディション」

他メーカーの新車情報, 新車情報オープンカー

ベントレーコンチネンタルGTコンバーチブルの特別仕様車「ナンバー1エディション」を発表しました。
ベントレーの100周年を記念するモデルです。

今回は特別なコンチネンタルGTコンバーチブルの概要をご覧ください。


コンチネンタルGTナンバー1エディションの概要

ベントレーはナンバー1エディションのコンセプトを「モータースポーツ黄金時代の精神をカプセル化したもの」だと語っています。
ナンバー1エディションは、1929年に登場したスーパースポーツ「ベントレー・ブロワー」のオマージュなのだそうです。
着想の元となったナンバー1・ブロワーは、ロンドン近郊のブルックランズ競馬場において、1932年にラップレコードを樹立しています。

ナンバー1ブロワーとナンバー1エディション

ナンバー1エディションはベントレー・ブラックライン仕様で、Centenaryパック(リアやホイールセンター、LEDウェルカムランプ、ギアレバー、ステアリング、キーフォブなどにCentenaryバッジが付く)、カーボンボディキット、そして「1」のペイントが施されたグリルが装着されています。
ボディカラーはドラゴンレッドⅡもしくはベルーガ・ブラックの2種類です。
幌もクラレット・レッドもしくはベルーガ・ブラックの2種類から選択できます。

コンチネンタルGTナンバー1エディション

ドラゴンレッド2は深みのある赤だ。

幌を閉じた状態。ルーフ周りがコンパクトでかっこいい。

迫力のあるフロントに対し、リアは比較的シンプルだ。

フェンダーにあるバッジは18金の豪華仕上げです。
フィラーキャップとオイルキャップも、宝石で飾られています。
22インチのMDSホイールは、グロスブラックもしくはクリケットボールの2色が用意されています。

インテリアは、クリケットボールまたはベルーガ・ブラックのレザー仕上げです。
ドアインサートとヘッドレストには、ベントレーの「B」が記されています。

ヘッドレストとドアインサートには「B」の文字。

スカッフプレートもナンバー1エディション専用品となっている。

高級感あふれるインテリアだが、落ち着いた印象だ。

グランドブラックのウッドパネルは、18金のオルガンストップ(Aピラー付け根にある小さなノブ)とアルカンターラのステアリングにより、より上質な雰囲気を醸し出しています。

センターコンソールにある特徴的な模様のアルミパネルは、「エンジンスピン」と呼ばれるものです。
これは光の反射を抑える効果があるため、1920~30年代のレーシングカーや航空機に使われていたのだとか。
英国イェーガー製の時計にも、ナンバー1の文字が刻まれています。

センターコンソール上部にある3連メーターの中央には、かつてのナンバー1・ブロワーを彷彿とさせる小さなホイールスピナー(ホイールセンターキャップ)が装着されています。
これはナンバー1・ブロワーのピストンから鋳造したものだそうです。
タッチスクリーン(ベントレー・ローテーティング・ディスプレイ)は、この3連メーター部分が回転して出てきます。

エンジンは6.0リッター・W12、トランスミッションは8速デュアルクラッチで変更はありません。
コンチネンタルGTコンバーチブル・ナンバー1エディションは、100台限定で販売されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath