ベントレー コンチネンタルGTスピード 史上最も高性能なベントレー

Bentleyの新車情報AWD, クーペ, ハイパフォーマンスモデル

Bentley Continental GT Speed

ベントレーが「コンチネンタルGTスピード」を発表しました。
これまでで最もパフォーマンスを重視したベントレーだとメーカーが豪語するモデルです。

今回はベントレー コンチネンタルGTスピードの概要をご覧ください。

Related Posts

コンチネンタルGTスピードの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Bentley Continental GT Speed Front three quarter
ベントレー コンチネンタルGTスピード

Bentley Continental GT Speed Front
いつものベントレー顔だが、スポーティーな雰囲気だ。

Bentley Continental GT Speed Headlight
宝石のような輝きを見せるヘッドライト。

Bentley Continental GT Speed Grill
ダーク仕上げとなったフロントグリル。

Bentley Continental GT Speed Side
スポーティーなサイドステップは専用品。

Bentley Continental GT Speed Wheel
ホイールは22インチ。

Bentley Continental GT Speed Side vent
サイドベントには12の文字。

Bentley Continental GT Speed Rear three quarter
リアエンドにはガーニーフラップ風のスポイラー。

Bentley Continental GT Speed Rear
リアバンパー下部にはディフューザー風のデザインが施されている。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Bentley Continental GT Speed Interior
ベントレー コンチネンタルGTスピードのインテリア

Bentley Continental GT Speed Dashboard
ダッシュボードはスポーティーなカーボン仕上げ。

Bentley Continental GT Speed Display
時計の部分が回転してディスプレイが現れる仕組みは従来どおり。

Bentley Continental GT Speed Front Seats
ダイヤモンドキルティングが施されたシート。ヘッドレストにはSpeedの刺繍。

Bentley Continental GT Speed Rear Seats
後席もそれなりに広いが、やはり2+2と考えるべきだろう。

目次に戻る

シャシー

ステアリングや電子制御リアデフ(eLSD)と連動する、電子制御式の全輪ステアリングが新たに搭載されました。
低中速域では後輪が前輪と逆方向に切れて敏捷性を増し、高速域では後輪が前輪と同じ方向に切れて安定性を高めます。
さらにはステアリングフィールやeLSDの差動制限も連動するため、ドライバーはより自信を持ってコーナリングできるようになりました。

また、トラクションコントロールや横滑り防止装置、アダプティブダンピングを備えるエアサス、アクティブアンチロールバーなども連動し、コーナリング時の安定性に寄与します。
しかもドライブモード選択でセッティング変更することも可能です。

増加したパワーに対応するために、カーボンセラミックブレーキシステムもオプションで用意されています。
フロントキャリパーはなんと10ピストンです。
制動力が向上するだけでなく、バネ下重量も33kg軽量化できます。

目次に戻る

パワートレイン

Bentley Continental GT Speed Engine

6.0リッター・W型12気筒ガソリンツインターボは、最高出力659ps、最大トルク900Nmを発生します。
ギアボックスは8速デュアルクラッチトランスミッション。駆動方式はAWD(全輪駆動)です。

パフォーマンスは、0-100km/hが3.6秒、最高速は335km/hとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

ヨーロッパでは2021年の第3四半期からデリバリーが開始されます。
日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath