ベントレー コンチネンタルGTマリナークーペ ラグジュアリーの最高峰

他メーカーの新車情報Bentley Continental GT, クーペ, ラグジュアリー

Bentley Continental GT Mulliner Coupe

ベントレーが「コンチネンタルGTマリナークーペ」を発表しました。
ベントレーのオーダーメイド部門であるマリナー(Mulliner)が手掛けた、最高級のラグジュアリークーペです。

今回はコンチネンタルGTマリナークーペの概要をご覧ください。


コンチネンタルGTマリナークーペの概要

エクステリア

画像はクリック(タップ)で拡大できます。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe front three quarter
ベントレー コンチネンタルGTマリナークーペ

Bentley Continental GT Mulliner Coupe
ダブルダイヤモンドマトリックスグリルを装着している。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe side
低いリアエンドへと続くルーフラインが非常に美しい。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe
フロントフェンダーのエアベントもマリナー仕様。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe wheel
ホイールもマリナー特注デザイン。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe rear three quarter
大きく張り出したリアフェンダーと小ぶりなリアエンドの組み合わせが対照的。

フロントグリルは「ダブルダイヤモンド」と呼ばれるマトリックスグリルです。
フロントフェンダーの後端にあるエアベントはシルバーとブラックで仕上げられており、マリナーのロゴはクロームメッキされています。
ホイールはマリナーオリジナルデザインの22インチ。
ウェルカムランプやドアシルのイルミネーションもマリナー仕様になっているそうです。

目次に戻る

インテリア

画像はクリック(タップ)で拡大できます。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe cockpit
コンチネンタルGTマリナークーペのインテリア

Bentley Continental GT Mulliner Coupe console
ダイヤモンドミル仕上げのセンターコンソール。ブライトリングの時計付き。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe lever
ダイヤルやセレクターレバーにもきっちり装飾が施されている。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe dashboard
ダッシュボードにはマリナーのロゴ。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe seats
ダイヤモンド・イン・ダイヤモンドのキルティングが施されたシート。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe door trim
ドアトリムにもキルティング。ステッチも2色使われている。

Bentley Continental GT Mulliner Coupe headrest
ヘッドレストにはマリナーの刺繍。

内装色はマリナー独自の3色のカラースプリットで構成されています。色の組み合わせは8種類用意されているそうです。

シート、ドアトリム、リアクォーターパネルには、「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」と呼ばれるキルティングが施されています。このキルティングを室内全体に施すためには約40万針ものステッチが必要なのだとか。ダイヤモンド1つ分でも712針もステッチが施されているそうです。

センターコンソールは精密な機械加工によるダイヤモンド・ミル仕上げ。
ダッシュボードはグランドブラック・ウォールナット・ベニヤ仕上げです。
ブライトリングの時計も設置されています。

目次に戻る

シャシー

48Vシステムを用いた電動アクティブアンチロールテクノロジー「ベントレーダイナミックライド」が標準装備されています。
これによりコーナリング時の安定性とクルージング時の快適な乗り心地を両立しています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは6.0リッターW12(635ps)と、4.0リッターV8(550ps)の2種類から選択できます。

目次に戻る

価格・発売日

Bentley Continental GT Mulliner Coupe

価格はまだ公表されていませんが、スタンダードなコンチネンタルGTでも2,498~2,736万円という価格帯で販売されているので、それ以上の価格となるのは間違いありません。

受注は2020年10月から開始するそうです。納車は2021年初頭からとなります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath