ベントレー フライングスパー スピード W12エンジン搭載

Bentleyの新車情報セダン, ラグジュアリー

Bentley Flying Spur Speed

ベントレー フライングスパーにも、「スピード」の名を持つグレードが追加されます。象徴的なW型12気筒エンジンを搭載するモデルです。

今回はフライングスパー スピードの概要をご覧ください。

Related Posts

フライングスパー スピードの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Bentley Flying Spur Speed Front corner
ベントレー フライングスパー スピード

Bentley Flying Spur Speed Front
グリルなど各トリムピースがダークな色調に統一されている

Bentley Flying Spur Speed Side
車高も幾分ローダウンされているように見えるが……

Bentley Flying Spur Speed Wheel
ホイールは22インチという巨大なもの

Bentley Flying Spur Speed Rear corner
テールライトもダークティンテッドになっている

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Bentley Flying Spur Speed Interior
フライングスパー スピードのインテリア。こちらもダークな色調で統一されていて、非常にかっこいい。

Bentley Flying Spur Speed Badge
バッジが「Speed」とシンプルに記されているだけなのもかっこいい。

Bentley Flying Spur Speed Rear seats
後席は広々としている

Bentley Flying Spur Speed Scuff plate
スカッフプレートにもSpeedのロゴ

目次に戻る

シャシー

Bentley Flying Spur Speed Cornering

リアアクスルステアリングやアクティブロールスタビライザーが標準装備されています。
ブレーキディスクは鉄製ですが、フロントには419Φという超大径ディスクが装備されているため、制動力に問題は無さそうです。
巨大なブレーキを納めるホイールも、22インチという大径になっています。

目次に戻る

パワートレイン

Bentley Flying Spur Speed Acceleration

エンジンは6.0リッター・W型12気筒ガソリンツインターボです。最高出力は635ps、最大トルクは900Nmを発生します。

トランスミッションは8速DCT。駆動方式はAWD(全輪駆動)です。コンフォートモード選択時には最大480Nmのトルクを前輪に分配しますが、スポーツモードだとこれが280Nmに制限され、大部分のトルクは後輪に配分されるようになります。
0-96km/h加速は3.7秒、最高速は333km/hです。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていませんが、ベースグレードのV8モデルより大幅に高くなると予想されています。
ちなみにベンテイガの場合、ベースグレードとスピードの価格差は1070万円です。一方、コンチネンタルGTの場合は680万円差となっています。

フライングスパー スピードは、欧米では2022年後半にデリバリーが開始される見込みですが、日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath