VW ID.4 電動SUVの大本命!

2019年9月18日VWの新車情報EV, SUV

VW ID.4 Sketch front

フォルクスワーゲンが電動SUVのID.4を開発しています。
そのID.4に、「GTX」というハイパフォーマンスグレードが用意されるそうです。

VW ID.4 Sketch rear

このページではID.4の最新情報を随時更新していきます。

更新情報

パワートレインの項目にGTXの情報を追加し、初期のスパイショットを削除しました。(2020/03/22)

最新のスパイショットを追加し、発売日の情報を更新しました。(2020/02/17)

車名について」の項目を追加し、発売日の情報を更新しました。(2020/01/22)

最新のスパイショットを追加しました。(2019/11/29)

ティザー画像を追加しました。(2019/11/03)


VW ID.4の最新情報

車名について

ID.4には2つのバージョンがあると噂されてきましたが、一般的なSUVモデルが「ID.4」、クーペSUVモデルが「ID.5」として発売されることになりそうです。

エクステリア

スパイショット

ID.4は、以前発表されたID Crozz コンセプトの市販バージョンだと考えられています。

しかしスパイショットされたテストカーはクーペSUVではなく、比較的ボクシーなフォルムです。
そのためクーペSUVタイプのID.4が後に追加される可能性もあります。

目次に戻る

スノーテスト中のID.4
VW ID.4 snow test spyshot front
スノーテスト中のID.4。グリル風の模様はカモフラージュのようだ。

VW ID.4 snow test spyshot side
ウエストライン(サイドウィンドウ下端)は後方に行くほど極端に高くなっている。

VW ID.4 snow test spyshot rear three quarter
この角度からだと、リアウィンドウの狭さがよくわかる。

VW ID.4 snow test spyshot rear
テールゲート開口部の下端は高い位置にある。荷物の積み下ろしにはマイナスだ。

VW ID.4 snow test spyshot rear
ショルダーの張り出しがかなり強調されたデザインだ。

目次に戻る

最新のスパイショット
VW ID.4 spyshot front
スノーテストを行うID.4。相変わらずフェイクのグリルを付けている。

VW ID.4 spyshot
このグリル、オペル風だと言われているが……

VW ID.4 spyshot front three quarter
グリル上のLEDストリップは、テスト用に追加されたものだろう。

VW ID.4 spyshot side
全長は4,600mmだと言われている。

VW ID.4 spyshot rear three quarter
Cピラーの塗り分けがかっこいい。

VW ID.4 spyshot rear
リアバンパー下部にはマフラーフィニッシャーっぽいものが装着されているが、もちろんこれもフェイクだ。

目次に戻る

ティザー画像

ID.4のティザー画像

こちらはフランクフルトでガラスケースの中に展示されているというID.4

カモフラージュは奇妙な模様。ID.3のティザー画像でもこんな感じのが使われていた。

ボディ形状は以前スパイショットされた車両と同形状だろう。

目次に戻る

シャシー

ID.3のSUVバージョンということで、プラットフォームもID.3と同じMEBプラットフォームを使用するようです。
しかしID.4は車体が大きくなった分、室内もID.3より広くなっていると思われます。

目次に戻る

パワートレイン

ID.3よりも車体が大型化するため、ID.4はパワフルになっています。
リアアクスルにはID.3と同様に201psのモーターを搭載しますが、ID.4ではそれに加えて、フロントアクスルに101PSのモーターを搭載するそうです。
よってID.4は、総出力302psのAWD(全輪駆動)となります。
また、ID.3よりスペースに余裕がある分、バッテリー容量も大きくなりそうです。
コンセプトでは83kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載していました。

ID.4 GTX

「GTX」はVWのEV用ハイパフォーマンスグレードです。
ID.4 GTXは「素晴らしいレスポンスを得ることができ、素晴らしいドリフトをすることができる」と、VWのテクニカル・チーフであるMatthias Rabe氏はコメントしています。

最初のGTXモデルとしてID.4が選ばれたのは、ツインモーターのAWD(全輪駆動)だからなのだそうです。
VWはハイパフォーマンス仕様にはAWDが必要だと考えているため、ハッチバックのID.3(シングルモーターの後輪駆動車)は選ばれなかったのだとか。

GTXのスペックは現時点では不明ですが、標準のID.4でも302ps仕様があるわけですから、GTXがそれ以上のパワーになることは間違いありません。

目次に戻る

価格・発売日

ID.4は2020年4月開催のニューヨーク・オートショーか、もしくは6月のデトロイト・オートショーでデビューする可能性が高いと言われてきましたが、どうやらその計画は延期されたようです。
ヨーロッパでは2021年から生産が開始されるということなので、2020年中に発表される可能性はまだ残っています。
正確な発売日と価格は、デビュー後に発表されるはずです。

ID.4の生産はヨーロッパと中国、アメリカで行われますが、アメリカでの生産は2022年以降になると言われています。

クーペバージョンであるID.5は、ID.4に続いて発売されるということですが、デリバリーは2022年以降になるかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath