フェラーリ ローマ フロントにV8を搭載する新型GTカー

Ferrariの新車情報GT, クーペ, スポーツカー

フェラーリが新型GTカー「ローマ」を公開しました。
フロントミッドにV8を搭載するのクーペです。

今回はフェラーリ ローマの概要と画像をご覧ください。


フェラーリ ローマの概要

エクステリア

画像はクリック(スマホの場合はタップ)で拡大できます。

Ferrari-Roma-front
フェラーリ ローマ

Ferrari-Roma-side
低いノーズ、長いボンネットという古典的なプロポーションだ。

Ferrari-Roma-rear
LEDテールライトは未来的なデザイン。クアッド・テールパイプは迫力満点。

エクステリアは50~60年代のイタリア車のデザインにインスピレーションを受けており、低いボンネット、長いノーズ、そしてテールエンドに向かって急降下するルーフラインなどは、かつてのフェラーリ 250GTを思わせるものです。
一方でフロントグリルやLEDヘッドライト/テールライト、フラッシュドアハンドル(ポップアップ式ドアハンドル)などは、未来的な印象を生み出しています。

ボディサイズ

寸法(mm)と重量(mm)
全長 4,656
全幅 1,974
全高 1,301
ホイールベース 2,670
乾燥重量 1,472

数値は欧州仕様車のもの。

目次に戻る

インテリア

Ferrari-Roma-Interior
フェラーリ ローマのインテリア

プレスリリースによると、フェラーリ ローマは「2+クーペ」なのだそうです。
これは後部座席がオプション扱いであるためだと思われます。

インテリアはハイデッキセンターコンソールが特徴です。
メーター類はデジタル・インストゥルメントとなっています。
中央のタッチスクリーンは縦長のポートレイトスタイルで、助手席側にもスクリーンを追加することが可能なようです。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは3.9リッター・V型8気筒ガソリンツインターボで、最高出力は620ps / 5,750 – 7,500rpm、最大トルクは760Nm / 3,000 – 5,750rpmを発生します。
トランスミッションは8速DCT。
0-100km/hは3.4秒、0-200km/hは9.3秒、最高速は320km/hというパフォーマンスです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath