新型ヤリスのSUV仕様「ヤリスクロス」

2020年1月8日トヨタの新車情報SUV, Toyota Yaris (4th-Gen)

Toyota Yaris Cross Snow Test Spyshot

トヨタ ヤリスをベースにしたSUVを発売するようです。
車名は「ヤリスクロス」になると言われています。

トヨタには「C-HR」というコンパクトSUVがあるものの、クーペスタイルで比較的高価であるため、ヤリスクロスとは競合しないとトヨタは考えているようです。

このページではヤリスクロスに関する最新情報を随時更新していきます。

更新情報

スパイショットを追加しました。(2020/03/27)

ティザー画像を追加し、パワートレイン発売日の情報を更新しました。(2020/02/19)


トヨタ ヤリスクロスの最新情報

エクステリア

予想CG

Toyota Yaris SUV rendered by AutoExpress front
AutoExpressによる予想CG

Toyota Yaris SUV rendered by AutoExpress rear
AutoExpressによる予想CG

AutoExpressの予想CGです。
最低地上高を上げてフェンダーモールとアンダーガードを装着するという、典型的な手法でSUV化されています。
ホイールベースもわずかに延長されるようです。

スパイショット

Toyota Yaris Cross Snow Test Spyshot front
スノーテストを行うヤリスクロスの開発車両。

Toyota Yaris Cross Snow Test Spyshot front three quarter
このスパイショットの開発車両は、旧型ヤリスのボディを使用しているようだ。
Toyota Yaris Cross Snow Test Spyshot front three quarter
こちらの開発車両は新型ヤリスのボディを使用している。

Toyota Yaris Cross Snow Test Spyshot side
車高は高くなっているが、ボディに変更はないようだ。

Toyota Yaris Cross Snow Test Spyshot rear three quarter
リア周りもハッチバックと変わらない。
画像の出典: carscoops.com

ティザー画像

Toyota Yaris SUV Teaser 01
ヤリスSUVのティザー画像

Toyota Yaris SUV Teaser
ヤリスSUVのティザー画像

ティザー画像からは新型ヤリス的なテールランプ形状と、ハイブリッドであることを示すブルーのトヨタバッジ、そしてAWDのバッジが確認できます。

目次に戻る

インテリア

Toyota Yaris 4th-Gen interior
新型ヤリスのインテリア

新型ヤリスに準拠したものになるでしょう。
加飾などはSUV風に改められると思いますが、大型タッチスクリーン(8インチ / 7インチ)やカラーヘッドアップディスプレイが装備され、Android AutoやApple CarPlayにも対応するはずです。

また、ホイールベースが延長されるため、後席の広さも少しだけ拡大されます。

目次に戻る

シャシー

Toyota Yaris 2020 Chassis

新型ヤリスと同じくGA-Bプラットフォームが用いられます。
よってパワートレインの電化にも対応しているはずです。

サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット、リアはトーションビームとなりますが、4WDモデルはリアがダブルウィッシュボーンになるかもしれません。
いずれにせよ、ハッチバックに準じた構成になるはずです。

目次に戻る

パワートレイン

Toyota Yaris 2020 Engine

新型ヤリスと同じく1.5リッターエンジンが主力になるでしょう。
1.5リッターのハイブリッドも用意されます。
C-HRはハイブリッドグレードにAWD(全輪駆動)仕様が無く、米国でかなり批判されていましたが、ティザー画像からするとヤリスSUVにはハイブリッドのAWD仕様が存在するようです。

1.0リッターエンジンはラインナップされないかもしれません。
ハッチバックのヤリスよりも価格設定が高いこと、ライズというより小型のSUVがあることなどから、1.0リッターエンジンの採用は望み薄です。

目次に戻る

価格・発売日

正確な価格はまだ判明していませんが、ハッチバックのヤリスよりもやや高価になるものと思われます。
ちなみに新型ヤリス・ハッチバックの価格帯は139~249万円です。

ヤリスクロスは2020年後半にデビューすると言われています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath