アストンマーティン V12スピードスター 88台限定のオープン2シーター!

2020年1月9日Aston Martinの新車情報オープンカー, スーパーカー

Aston Martin V12 Speedster

アストンマーティンV12スピードスターを発表しました。
1959年のル・マン24時間レースを制覇したDBR1や、アストンマーティンの100周年を記念して製作されたCC100スピードスターコンセプトを彷彿とさせる、屋根とフロントウィンドウの無いデザインが特徴です。

Aston Martin DBR1 and CC100 Concept
DBR1(左)とCC100コンセプト(右)

今回はアストンマーティン V12スピードスターの概要をご覧ください。

更新情報

エクステリアインテリアの項目に画像を追加し、シャシーパワートレインの情報を更新しました。(2020/03/05)


アストンマーティン V12スピードスターの概要

エクステリア

Aston Martin V12 Speedster
アストンマーティン V12スピードスター

Aston Martin V12 Speedster  top
フロントエンジンロードスターということで、ボンネットは長めだ。

Aston Martin V12 Speedster front
顔つきはヴァンテージ風だ。

Aston Martin V12 Speedster wheel
カーボンセラミックブレーキが標準装備されている。

Aston Martin V12 Speedster cabin
キャビンは運転席と助手席で完全に分離されている。

Aston Martin V12 Speedster rear three quarter
ロールバーの後方には透明なキャノピーがはめ込まれている。

Aston Martin V12 Speedster rear top
ヴァンテージ風のテールライトがリアスポイラーに組み込まれた面白いデザイン。

Aston Martin V12 Speedster rear
マフラーはセンター2本出し。

目次に戻る

インテリア

Aston Martin V12 Speedster interior
V12ロードスターのインテリア

Aston Martin V12 Speedster beam
座席を隔てる梁は結構高い位置にある。

Aston Martin V12 Speedster cockpit
カーボンが多用されたコクピット。各所に配された赤いベルトのコントラストが効いている。

Aston Martin V12 Speedster side trim
ドアの縁に足をかけるのはご法度。

Aston Martin V12 Speedster interior trim
ドアプルは革製のようだ。

Aston Martin V12 Speedster seat
シートは耐候性を考慮してかファブリック。

Aston Martin V12 Speedster plate
ボーイング社とのコラボにより、戦闘機のF/A-18と同一のカラースキームとなっている。

目次に戻る

シャシー

アストンマーティンのアルミニウム接着技術を用いたシャシーで、DBSスーパーレッジェーラやヴァンテージの要素を利用しつつ、独自のプラットフォームを作り上げたそうです。

サスペンション形式はフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク式で、アダプティブ・ダンパーが装着されています。
カーボンセラミックブレーキを標準装備しており、ディスク径はフロントが410mm、リアが360mmと巨大です。
ホイールはセンターロック式の鍛造アロイホイールで、21インチが標準装備となります。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは5.2リッター・V型12気筒ガソリンツインターボです。
最高出力は700ps、最大トルクは753Nmを発生します。
トランスミッションはZF製の8速ATです。

パフォーマンスは、0-100km/hが3.5秒、最高速は300km/hとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

価格は765,000ポンド(記事更新時点のレートで約1.05億円)です。

V12スピードスターの予約はすでに開始されています。
デリバリーは2021年の第1四半期になるそうです。
生産はアストンマーティンのQ部門が担当し、生産台数は88台限定となっています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath