アストンマーティンがV12ヴァンテージロードスターを発表

Aston Martinの新車情報オープンカー, スポーツカー, スーパーカー

Aston Martin V12 Vantage Roadster

アストンマーティンV12ヴァンテージロードスターを発表しました。249台の限定生産モデルで、既に完売済みだそうです。
これまでで最もパワフルなヴァンテージロードスターとなっています。

今回はV12ヴァンテージロードスターの概要をご覧ください。

Related Posts

V12ヴァンテージロードスターの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Aston Martin V12 Vantage Roadster
アストンマーティン V12ヴァンテージロードスター

Aston Martin V12 Vantage Roadster Front
ヴァンテージよりワイドになった車体は迫力満点だ。

Aston Martin V12 Vantage Roadster Top
ボンネットには大きな熱抜きダクトが設けられている。

Aston Martin V12 Vantage Roadster Side
ロードスターならではの低いフォルム。Aピラーの傾斜がすごい。

Aston Martin V12 Vantage Roadster Front fender
フロントフェンダーの後ろ側は、空気を引き抜くダクトが開けられている。

Aston Martin V12 Vantage Roadster Rear top
リアの上部はすっきりとした印象

Aston Martin V12 Vantage Roadster Rear spoiler
リアエンドには控えめなリアスポイラー形状となっている

Aston Martin V12 Vantage Roadster Rear
中央の大口径エキゾーストは存在感抜群だ

軽量化のためにフロントバンパー、ボンネット、フロントフェンダー、サイドステップがカーボンファイバーで作られています。バッテリーも軽量なものが搭載されており、エキゾーストシステムも1mm厚のステンレスで製作することで軽く仕上げています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Aston Martin V12 Vantage Roadster Interior
V12ヴァンテージロードスターのインテリア

Aston Martin V12 Vantage Roadster Console
内装のデザインはV12ヴァンテージクーペと同様。セミアニリンレザー仕上げとなっている。

Aston Martin V12 Vantage Roadster Seat
レーシーな形状のスポーツプラスシートを装着している。

目次に戻る

シャシー

トレッド幅は通常のヴァンテージから40mm拡大され、さらにワイドになっています。アダプティブダンパーにも特別なチューニングが施されました。

ヴァンテージと同様に、ロードスターもカーボンセラミックブレーキを装着しています。フロントは410mm*38mmのディスクに6ピストンキャリパーの組み合わせ、リアは360mm*32mmのディスクに4ピストンキャリパーの組み合わせです。
ホイールは標準品が21インチ。オプションで8kg軽量な鍛造ホイールも用意されています。
タイヤはミシュラン パイロット4Sで、サイズはフロントが275/35 R21、リアは315/30 R21インチです。

目次に戻る

パワートレイン

5.2リッター・V型12気筒ガソリンツインターボは、最高出力700psを6,500rpmで、最大トルク753Nmを5,500rpmで発生します。
トランスミッションはZF製の8速オートマチック。0-96km/h(0-60mph)は3.5秒です。

目次に戻る

価格・発売日

価格は公表されていません。既に完売しているので、公表する意味が無いからでしょう。

V12ヴァンテージロードスターは、2022年第3四半期に生産が開始されます。
デリバリーは2022年第4四半期に開始される予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath