アストンマーティン DBR22コンセプト 往年のレーシングカーを彷彿とさせるオープンスポーツ

Aston Martinの新車情報コンセプトカー, スポーツカー

Aston Martin DBR22 Concept Front

アストンマーティンDBR22コンセプトを発表しました。
1952年のDB3Sや、1959年にル・マン24時間レースを制したDBR1といった、レーシングカーにインスパイアされたデザインとなっています。
このモデルはビスポーク部門であるQ by Aston Martinの10周年を祝うデザインコンセプトです。

今回はDBR22コンセプトの概要をご覧ください。

Related Posts

DBR22コンセプトの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Aston Martin DBR22 Concept Front
アストンマーティン DBR22コンセプト。奥に見えるのはDBR1。

Aston Martin DBR22 Concept Side
昔のスポーツレーシングカーと同様に、フロントウィンドウの無いデザインとなっている。

Aston Martin DBR22 Concept Nose
ノーズ部分は現行のDB11やDBSと似ている。

Aston Martin DBR22 Concept Rear
シート後方に隆起したツインナセルが、DBR22を特徴づけている。

Aston Martin DBR22 Concept Top
給油口が右リアフェンダーの内側にあるのが面白い。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Aston Martin DBR22 Concept Cockpit
レザーとカーボンファイバーで仕上げられたコクピット。ダッシュボードデザインは新設計された。

目次に戻る

シャシー

前後の車軸の下に新しいシアーパネルを使用し、剛性をアップさせています。アダプティブダンパーも専用品です。
また、アルミニウム製のリアサブフレームは、アストンマーティンとしては初めて3Dプリンターを使用して製作されました。
ホイールは21インチで、センターロック風のデザインとなっています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは5.2リッター・V型12気筒ガソリンツインターボです。最高出力は715ps、最大トルクは753Nmを発生します。
トランスミッションは8速AT。
パフォーマンスは、0-100km/hが3.4秒、最高速は319km/hとなっています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath