シンガーの新しいターボスタディはカブリオレ

チューニングRestomod, シンガー・ビークル・デザイン

Singer Turbo Study Cabriolet

クラシックなポルシェ 911レストモッド(レストア+モディファイの意)を専門とするシンガー・ビークル・デザインが、930ターボカブリオレをモチーフにした新たなターボスタディを発表しました。
クーペのターボスタディと同様に、964がベースになっていますが、外観は930に見えるよう調整されています。

今回はシンガーが手掛けた初のコンバーチブルモデルの概要をご覧ください。

Related Posts

シンガー ターボスタディ・カブリオレの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Singer Turbo Study Cabriolet Front corner
シンガー ターボスタディ・カブリオレ

Singer Turbo Study Cabriolet Front Roof close
5マイルバンパーを装着した930風のデザインとなっているが、ベースには964のシャシーを用いている。

Singer Turbo Study Cabriolet Front Roof open
屋根を開けるとこんな感じ。

Singer Turbo Study Cabriolet Side Roof close
外装は全てオリジナルで、流用されたものは無い。後輪前にある黒い「シャークフィン」は、インテークとして利用されている。

Singer Turbo Study Cabriolet Side Roof open
屋根を開けるとこんな感じ。ちなみにソフトトップは電動だ。

Singer Turbo Study Cabriolet Rear top Roof close
屋根を閉じるとずんぐりむっくりしていてユーモラスだ。

Singer Turbo Study Cabriolet Rear corner Roof open
リアスポイラーの存在感が半端ない。

Singer Turbo Study Cabriolet Rear Roof open
ノーマルかのように美しく仕上がっている。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Singer Turbo Study Cabriolet Cockpit
ターボスタディ・カブリオレのコクピット。タータンチェックの内装がおしゃれ。

Singer Turbo Study Cabriolet Seat
リアシートにもタータンチェック。

目次に戻る

シャシー

964世代のスチールシャシーがベースとなっていますが、ドア以外の全てのボディパネルはカーボン製に置き換えられていますし、ストラットやサポートパネルもカーボン製なので、ボディ剛性が大幅に向上しています。

ブレーキは、標準だと鋳鉄製ブレーキが装着されますが、オプションでカーボンセラミックブレーキを選択することも可能です。
トラクションコントロールやABSも用意されています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは3.8リッター・空冷フラット6ツインターボです。最高出力は517psを発生します。また、より穏やかな456ps仕様も用意されているようです。
トランスミッションは6速マニュアル。駆動方式は後輪駆動もしくは全輪駆動を選択できます。

目次に戻る

価格・発売日

価格は明らかにされていません。シンガーのモデルは基本的にワンオフなので、顧客の要望次第で価格も変動します。

シンガーによると今後数年間は予約で埋まっているとのことなので、しばらくは新しい注文を受け付けられないそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath