ランボルギーニ ウルス ペルフォルマンテ スーパーSUVの新基準

Lamborghiniの新車情報SUV, スーパーカー

Lamborghini Urus Performante

ランボルギーニウルス ペルフォルマンテを発表しました。ウルス比で47kgもの大幅な軽量化と、16psのパワーアップを達成しています。
スペックの向上はパフォーマンスにも反映されており、パイクスピークでは10分32秒064というタイムを叩き出し、それまでのプロダクションSUVのコースレコード(10分49秒902)を更新しました。

今回はウルス ペルフォルマンテの概要をご覧ください。

Related Posts

ウルス ペルフォルマンテの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Lamborghini Urus Performante Front
ランボルギーニ ウルス ペルフォルマンテ

Lamborghini Urus Performante Front top
カーボンファイバー製のスプリッターが装着された他、バンパーのデザインも変わっている。

Lamborghini Urus Performante Bonnet
ボンネットもカーボン製

Lamborghini Urus Performante Side
車高は20mmローダウンされた

Lamborghini Urus Performante Rear corner
このクラスのSUVとしては、最もカーボンファイバーを多用しているという。

Lamborghini Urus Performante Wheel
ホイールアーチやサイドステップもカーボン製だ

Lamborghini Urus Performante Rear top
大型のリアスポイラーが装着されたことで、リア周りのダウンフォースは38%も増加している。

Lamborghini Urus Performante Roof
オプションだがカーボンルーフも用意されている

Lamborghini Urus Performante Rear
アクラポビッチのチタンエキゾーストを装着している

Lamborghini Urus Performante Rear bumper
リアバンパーもカーボン製だ

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Lamborghini Urus Performante Interior
ウルス ペルフォルマンテのインテリア

Lamborghini Urus Performante Cockpit
ブラックアルカンターラ仕上げが標準だが、レザー仕上げも用意されている。

Lamborghini Urus Performante Seat
シートには六角形のアクセント

目次に戻る

シャシー

スチール製の新しいスプリングにより、車高が20mmローダウンされています。また、トレッド幅は16mm拡大され、それに合わせてカーボン製のホイールアーチも新設計されました。

タイヤはピレリ Pゼロで、特別に開発されたものです。サイズはフロントが285/40 R22、リアが325/35 R22となっています。
ホイールは新しいオプションの23インチか、鍛造22インチを装着可能。ホイールはチタン製のボルトで固定されます。

ハンドリングも改善されており、前輪のステアリングはより正確でダイレクト感があり、路面の感覚をつかみやすいものになりました。
リアホイールステアリングの介入タイミングも速くなり、ターンインにおける俊敏性が向上しています。

目次に戻る

パワートレイン

4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボは、666ps・850Nmを発生します。ウルスと比較すると、ペルフォルマンテは16psのパワーアップを果たしました。
パフォーマンスは、0-100km/hが3.3秒、最高速は306km/hです。

ペルフォルマンテではドライブモードに新しく「RALLY」モードが追加されました。これはドライブの楽しさやスポーティさを、ダートトラックでのスリリングな新しいレベルに引き上げるものだそうです。つまりオフロード用のモードというわけでなく、オンロードにおいてダートトラックのようなドライビングを楽しめるモートということになります。オーバーステアを増幅し、ドリフトしやすい挙動になるのでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

日本価格は不明ですが、ヨーロッパでは218,487ユーロ、米国では260,676ドルで販売されます。日本円に単純換算すると、前者は約3000万円、後者は約3568万円とかなり開きがありますが、ウルスが3068~3309万円で販売されていたので、おそらく少し値上げされると思います。

ウルス ペルフォルマンテは、2022年末までにデリバリーが開始されます。日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath